2013年度は全国系通建業者4社のみで約7,500億円の通信建設工事売上高 ~MCA、通信事業者各社の設備投資、通信建設市場の予測を発表~

DreamNews / 2014年11月18日 14時0分

写真

移動体通信・IT分野専門の調査会社である株式会社 MCAは、通信建設業界に関する市場動向調査を実施し、その結果をとりまとめました。 調査結果の要点は以下のとおりです。「2013年度は全国系4社のみで約7,500億円の通信建設工事売上高」「通信建設市場はエクシオやコムシス、ミライトの主要3グループが支配」「モバイル系よりも規模の大きい固定系通信建設」

■調査結果抄録

3.通信建設業者集計編
3.1. 連結通信建設工事売上高
全国系通建業者のみで約7,500億円の通信建設工事売上高
通信建設業者における2013年度の連結通信建設工事売上高において、協和エクシオ(2,507億円)が第1位となり、コムシスホールディングス(2,385億円)、ミライト・ホールディングス(1,964億円)と3強が続いた。その他では、全国系のNECネッツエスアイ(NESIC)と地場系のNDSが651億円と同率第4位となっている。主要3グループとNESICを合わせた全国系通建業者の通信建設工事売上高は約7,500億円の規模となる。

【表:主要30社の連結通信建設工事売上高(億円)】
(出典:「通信建設業者便覧 2014」より上位5社を抜粋)
3.2. モバイル系通信建設工事売上高
モバイル系通信建設工事に強いNESICやKCCS
モバイル系通信建設工事売上高でも協和エクシオ(913億円)が第1位となり、コムシスホールディングス(910億円)、ミライト・ホールディングス(845億円)が続いた。第4位にはNECネッツエスアイ(NESIC)、第5位に京セラコミュニケーションシステム(KCCS)がランクインした。両社は固定系通信建設工事では順位を落としているため、モバイル系で強さを発揮している。


【表:主要30社のモバイル系通信建設工事売上高(億円)】
(出典:「通信建設業者便覧 2014」より上位5社を抜粋)
3.3. 固定系通信建設工事売上高
固定系通信建設工事に強い地場系通建業者
固定系通信建設工事売上高でも協和エクシオ(1,594億円)が第1位となり、コムシスホールディングス(1,475億円)、ミライト・ホールディングス(1,119億円)が続いている。第4位はNDS(451億円)、第5位にはTTK(317億円)がランクインし、地場系通建業者による固定系通信建設工事の強さをみせた。

【表:主要30社の固定系通信建設工事売上高(億円)】
(出典:「通信建設業者便覧 2014」より上位5社を抜粋)
本調査結果については、調査レポート「通信建設業者便覧 2014」(本体価格100,000円)として発刊しています。
http://www.mca.co.jp/pay_contents/FormMail/201411_engineering%20Company2014%20Report.html

■調査背景
通信建設業界は携帯電話基地局や、光回線に代表されるブロードバンドのインフラである光ファイバ網の整備、さらにはCATV網の構築や企業通信の社内外ネットワークなど、その市場は多様な広がりをみせている。

通信事業者は通信建設工事に毎年多額の設備投資を行っているが、ARPUの下落や純増契約数の鈍化などから設備投資額自体は抑制的になっている。通信建設業界は通信事業者の設備投資動向に大きく左右される業界構造になっており、通信建設業者は通信事業者から恒常的なコスト削減を要求される状況にある。

こうした厳しい市場環境から、通信建設業界は従来のように通信建設のみを展開する以外に、施工方法の提案や要件定義、交渉、施工構築、調整試験、運用保守などの付加価値提案を要求されるようになってきた。また、IP化の進展と固定と移動体通信の融合(FMC)化は技術者の多能工(マルチスキル)化が求められるようになっている。

上記に加え、通信機器(無線機)市場が外資系ベンダに席巻されている背景もあり、外資系ベンダが機器納入とともに通信建設業も請け負うフルターンキーサービスの提供という実態もある。また、映像や電力系から通信建設業界に参入する企業も増えている。

これらのさまざまな環境変化から、従来のヒエラルキー的な通信建設業界構造が大きく変化する可能性がみてとれる。

通信建設業界は全国規模で事業を展開する数社を除けば、特定地域あるいは地場を中心に事業展開をしている中堅・中小業者が大半を占め、業界構造やプレーヤの実態は明らかにされていない。

本調査資料は激変する通信業界の現状に関し、通信事業者の動向を把握しつつ、通信建設市場の実態を明らかにするとともに、全国の通信建設業者の事業概要を示すものである。

調査概要の詳細などは、PDF版のニュースリリースもあわせてご覧下さい。
http://www.mca.co.jp/ifr/NewsRelease/20141111_engineering.%20NR.pdf

■調査概要
調査期間: 2014年8月~2014年11月
調査対象: 通信事業者、通信建設業者など
調査方法: 当社リサーチャーによるヒアリング調査ならびに各種文献調査

■調査レポート詳細
発行日:2014年11月
判型:PDFファイル(A4版91頁)
発行・販売:株式会社 MCA
頒価:100,000円(+消費税)
調査期間:2014年8月~2014年11月
販売方法:印刷レポート & PDFファイル
     ※通信建設業者の会社概要一覧はExcelファイルでも別途提供。

■本件リリースに関するお問い合わせ
株式会社 MCA(MCA Inc.)
担当:大門 太郎(だいもん たろう)
E-Mail:info@mca.co.jp
TEL:03-6261-2571
FAX:03-6261-2572

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング