大正8年創業の老舗人形店を展開する株式会社真多呂人形がWebマーケティングによる売上拡大を目的としてヴァンテージマネジメント株式会社のコンサルティングサービスを導入

DreamNews / 2014年11月19日 18時0分

写真

成長企業向けWebマーケティングサービスを提供するヴァンテージマネジメント株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:中山紘太、以下ヴァンテージマネジメント)は、株式会社真多呂人形(本社:東京都台東区上野、代表取締役:金林健史、以下真多呂人形)でのサービス活用事例を2014年11月19日付で公開いたしました。

成長企業向けWebマーケティングサービスを提供するヴァンテージマネジメント株式会社(本社:東京都中央区銀座、代表取締役:中山紘太、以下ヴァンテージマネジメント)は、株式会社真多呂人形(本社:東京都台東区上野、代表取締役:金林健史、以下真多呂人形)でのサービス活用事例を2014年11月19日付で公開いたしました。

■サイトの検索結果順位が下降し、サイト流入数もダウン。中長期的な対策を検討していた■
大正8年の創業より、木目込みの伝統技法に忠実に、雛人形や五月人形などの人形を制作している真多呂人形は、自社店舗のみならず、全国の人形専門店で取り扱われています。
そんな中、複数保有するサイトの中でもメインとなるサイトにSEO対策を行った際、ペナルティを受け、検索結果順位が下降。それに伴い、サイトへのアクセス数も減ってしまい、対策を検討していました。

■一時的・短期的な対策ではなく、これまでの歴史を継承し末長く真多呂人形の名が知れ渡るよう中長期的な対策を行う■
インターネット上のプロモーションを各社が取り組む中、一時的・短期的に売上上昇が見込める対策ではなく、中長期的に真多呂人形ブランドが守り続けられる対策を行いたい、という思いがあり、20を超えるサービスラインナップの中から業態特性や企業規模に合わせて最適なサービスを組み合わせて提供する、ヴァンテージマネジメントのWebマーケティングサービスの導入を決定しました。

■職人の技が光る芸術としての真多呂人形を打ち出す対策で月間アクセス数が235%に■
ヴァンテージマネジメントでは真多呂人形が属する業界の特性、競合他社との差別化ポイントを抽出し、よりユーザーが魅力を感じやすく、サイトをじっくり閲覧し人形について詳しい情報を取得できるよう、コンテンツ企画、コンテンツ増加を行いました。
その結果、月間アクセス数が3ヶ月後には235%へと伸びました。
真多呂人形ではこれまでの歴史を継承しさらに発展できるようWebマーケティングサービスを活用していく予定です。

ヴァンテージマネジメントはこれからも真多呂人形のWebパートナーとして売上拡大を支援してまいります。
【ヴァンテージマネジメント株式会社概要】
-代表者:代表取締役 中山紘太
-資本金:1,000万円
-本社:東京都中央区銀座3-8-13 銀座三丁目ビル5F
-売上:6億6,000万円(第6期実績) 10億7,000万円(第7期見込)
-事業:Webマーケティング事業/人材ソリューション事業
-HP:http://www.v-m.co.jp/

【ヴァンテージマネジメント株式会社受賞歴】
デロイトトーマツ「Fast50」2年連続受賞(企業成長率241%)
Great Place To Work「働きがいのある会社2014」第8位受賞


本件に関するお問い合わせ
ヴァンテージマネジメント株式会社 
広報:熊本ひとみ
(03-5524-1020)
(kumamoto@v-m.co.jp)

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング