マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、食系企業の乳酸菌事業戦略について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月21日 17時0分

写真

動物性乳酸菌は、発酵乳や乳酸菌飲料市場で圧倒的な規模を誇っている。一方、植物性乳酸菌は、健康食品市場において製品の割合が多くなっている。今後、植物性乳酸菌の使用が乳酸菌市場全体の更なる拡大に繋がる予想。当資料では、食系企業13社の乳酸菌事業における基礎・開発研究、応用製品展開動向などを調査。さらに、今回から乳酸菌のサプライヤー11社の乳酸菌の研究開発動向や乳酸菌配合商品もレポートしている。

概要
◆乳酸菌は、細菌の一種であり、その様々な細菌の種類の中で、乳酸を作り人体に好影響を与える菌などの一定の特徴を満たす細菌の総称である。乳酸菌は大きく分けて、動物の乳由来の動物性乳酸菌と野菜や米、豆など植物素材に由来する植物性乳酸菌の2種類に分類される。

◆動物性乳酸菌は、乳業メーカーや飲料メーカーの一部を中心として、引き続き機能性の研究開発や新規乳酸菌の探索などを続けており、依然として発酵乳や乳酸菌飲料市場では圧倒的な規模を誇っている。

◆一方、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べ生命力が強いことや味噌や醤油、日本酒といった多くの日本の伝統食に含まれていることなどから、発酵乳や乳酸菌飲料との差別化を図るため、健康食品市場において植物性乳酸菌配合製品の割合が多くなっている。すなわち、味噌メーカーや醤油メーカー、日本酒メーカーなどの企業にも、健康食品分野において植物性乳酸菌配合商品が開発できる余地があると考えられる。この他、乳酸菌のサプライヤーにも、独自に植物性乳酸菌の研究開発を行っている企業が見られることから、植物性乳酸菌を使用することが乳酸菌市場全体の更なる拡大に繋がると見られる。

◆当資料では、食系企業13社の乳酸菌事業における基礎・開発研究から応用製品展開動向などをレポート。研究開発と事業推進を中心に調査・分析を行っている。また、今回から乳酸菌のサプライヤー11社の乳酸菌の研究開発動向や乳酸菌配合商品も小個表としてまとめている。
TPC市場調査レポート
「2015年 食系企業の乳酸菌事業戦略調査」
―新たな機能訴求と植物性乳酸菌による商品の差別化が進む乳酸菌市場―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120150196
資料体裁:A4判127頁
発 刊 日:2014年11月21日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング