マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月28日 17時30分

写真

中食市場は、有職女性やシニア層、単身世帯の増加等から拡大を続けている。2013年度のスーパー惣菜/CVS・FF市場は、前年比2.3%増の3兆5,500億円。特に、CVS・FFは同3.0%増で推移。商品面では、働く女性やシニア層、単身世帯をターゲットとした商品開発が活発化。当資料では、スーパー惣菜/CVS・FFの市場動向、スーパー・CVSの米飯・惣菜事業の商品戦略・開発動向をレポートしている。

概要
◆中食市場(調理済み食品・持ち帰り弁当など)は、有職女性やシニア層、単身世帯の増加等から拡大を続けている。2013年度のスーパー惣菜/CVS・FF市場は、前年比2.3%増の3兆5,500億円となった。特に、CVS・FFは同3.0%増で推移。CVSの積極的な出店戦略と小商圏化への対応が進み、市場成長に繋がっている。

◆商品面では、働く女性やシニア層、単身世帯をターゲットとした商品開発が活発化。CVSでは、働く女性や主婦、シニア層を取り込むべく、カウンターFFの揚げ物惣菜や店内調理の強化が進んだ。さらに、消費者のプチ贅沢ニーズに対応するプレミアム商品、地元の特産品を使用した地域密着商品、コラボ商品なども活発に上市されている。スーパーでは、CVSとの競争激化から、スーパーならではの強みを活かした差別化が進んでいる。具体的には、生鮮部門の食材を活用した惣菜開発や適量ニーズに対応するバイキングアイテムの強化が挙げられる。

◆当資料では、スーパー惣菜/CVS・FFの市場動向を分析するとともに、スーパー・CVSの米飯・惣菜事業の商品戦略・開発動向を明らかにしている。さらに、関西圏の主要スーパー9社の店舗調査を実施。現状のスーパー惣菜の店頭販売実態を明らかにし、今後の惣菜商品開発に役立つデータとしてまとめている。
TPC市場調査レポート
「2015年 スーパー惣菜/CVS・FF商品戦略・開発動向総調査」
―女性・シニア層の取り込みが本格化!拡大を続ける惣菜・FF市場―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110150188
資料体裁:A4判210頁
発 刊 日:2014年11月28日
頒   価:90,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング