2014年 年間ベストセラーを発表 総合第1位は『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』

DreamNews / 2014年12月1日 9時30分

書籍全体の売上の前年割れが続いた今年、『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』(アスコム刊)がミリオンセラーとなりました。中高年や女性に支持された身近な健康書やネコの写真に癒される名言集、サラリーマンに人気の痛快企業小説や、受験生と家族への福音となる合格体験記など、読者層が明確で読みやすい書籍が上位を占めました。

●書籍全体の売上の前年割れが続いた今年、『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』(アスコム刊)がミリオンセラーとなりました。中高年や女性に支持された身近な健康書やネコの写真に癒される名言集、サラリーマンに人気の痛快企業小説や、受験生と家族への福音となる合格体験記など、読者層が明確で読みやすい書籍が上位を占めました。

 日販ホームページ 「2014年間ベストセラー」ページ http://www.nippan.co.jp/ranking/annual/

●総合第1位は『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』です。ふくらはぎのマッサージが血液循環を改善し、医者と薬を遠ざけると説く内容で、メディアで紹介されるなど40代~70代の中高年女性を中心に売上を伸ばし、ミリオンセラーとなりました。

●第2位は『人生はニャンとかなる!』です。名言格言と、可愛いネコ写真のミスマッチが女性たちの心にフィットしました。イヌ版『人生はワンチャンス!』も19位にランクインし、シリーズ第3弾となる『人生はZOOっと楽しい!』も発売中です。

●第3位『銀翼のイカロス』は、テレビドラマで「倍返し」の流行語を生んだ「半沢直樹」シリーズの第4弾です。7月の発売直後から、30代~50代男性を中心に高い人気を集めました。

●第4位『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、カリスマ塾教師と女子高生の二人三脚の受験勉強法を小説化した作品です。購買層は受験生の子を抱える40代女性が突出しました。第5位『まんがでわかる7つの習慣』は、著名なビジネス書を手に取りやすいコミックにした作品です。第6位は今年の本屋大賞受賞作『村上海賊の娘』です。『アナと雪の女王 ディズニーアニメ小説版』は8位でした。9位には子どもの疑問にまっすぐに答えた『こころのふしぎ なぜ?どうして?』がランクインしました。

●「アナ雪」関連が4作ランクインした児童書ジャンルでは、ロングセラー『だるまさん』シリーズや流行語となった『妖怪ウォッチ』が健闘しました。このことを受けて、今回は児童書のランキングを作成しました。下記PDFよりご覧ください。

■日販のベストセラー情報は、約3,000軒の書店のPOS販売データを基に、全国の書店での販売状況を総合的に勘案して作成しております。
■集計期間は2013年12月1日~2014年11月26日です。

■本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 経営戦略室経営企画グループ広報チーム 担当:丸、正道寺
TEL.03-3233-3829 FAX.03-3295-4075
E-mail:press@nippan.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング