いくとぴあ食花ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy~森の癒し、森の魔法』開催!

DreamNews / 2014年12月2日 10時0分

写真

新潟県新潟市のフラワーパーク「いくとぴあ食花」において、ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy~森の癒し、森の魔法』を開催。「森の駅」を舞台に、星のように煌めく光に身を纏った森で体感できる「癒し」と「魔法」をテーマに展開。展示館では「光と音のショー」も。プロデュースは(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事の丸々もとお。

 新潟県新潟市のフラワーパーク「いくとぴあ食花」において、
ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy~森の癒し、森の魔法』を開催。
冬期のイルミネーションは『光りの国行き 銀河鉄道』。
街の駅(情報館)から光の道を辿り、丘の駅(東屋)を経て、光の国 森の駅(展示館)へ
到着するストーリーで演出を構成しています。
 展示館では「光と音のショー」も開催。
プロデュースは(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事の丸々もとお。

☆展示館イルミネーションのストーリー
 宗教改革で知られるドイツのマルティン・ルターが、クリスマス・イヴのミサの帰り、森の常緑樹の中に
美しく輝く夜空の星を見て感動し、それを子供たちに伝えるためにモミの木にロウソクを飾って
その景色を再現しようとしたのが、イルミネーションの始まりと言われています。
森と星の創造物こそ、イルミネーションの起源なのです。

 本企画は、「森の駅」を舞台に、星のように煌めく光に身を纏った森で体感できる「癒し」と「魔法」がテーマ。
展示館では「光と音のショー」を開催し、イルミネーションの起源を彷彿とさせる幻想的な世界感を創造します。

『Forest Fantasy~森の癒し、森の魔法』のみどころポイント
(1)アーチ部分
森の中において、人々を森の奥へと導くあたたかな灯り
(2)植栽トラス
夜の森で出合うさまざまな木々や動物と夜空の競演
(3)柱部
夜の森を支える四本の大樹は成長し続け、生命力溢れるもの
(4)舞台
森の駅における舞台。魔法がかけられた森の姿を眺めるベストスポット
(5)モミの木
森の駅の舞台から正面に望め、「イルミネーションの起源」を彷彿とさせるシンボル
(1)~(6)の装飾が光りと音楽と一体化したショーとなり、幻想的な森の駅の空間を創出します。

【企画概要】
イベント名:いくとぴあ食花ウィンターイルミネーション『Forest Fantasy~森の癒し、森の魔法』
実施期間:2014年11月29日(土)~12月25日(木)
※ 休館日12月16日(火)を除く
開催時間:16:00~20:30(20:00最終受付)
料金:大高校生以上 500円/小中学生 100円/未就学児 無料
会場:いくとぴあ食花(新潟市中央区清五郎336)
アクセス:電車の場合はJR上越新幹線ほか「新潟駅」より市民病院・曽野木ニュータウン行き
バスで約20分「天寿園前」下車徒歩約10分(土日祝はいくとぴあ食花前下車徒歩約2分)、
車の場合は日本海東北道「新潟亀田IC」より約3km、「新潟中央IC」より約2km

「いくとぴあ食花」についての詳細は以下
http://www.ikutopia.com

<御取材&御掲載のお問い合わせ>
(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー
東京都中央区勝どき1ー13ー6 プラザタワー勝どき3412
03-6204-0115(代表)

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング