アライドアーキテクツ、「カオナビ」を導入。上場を機に一新した年4回の評価制度をカオナビで運用!

DreamNews / 2014年12月2日 13時0分

写真

株式会社カオナビ(本社・東京都港区、代表取締役・柳橋 仁機)は、アライドアーキテクツ株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長・中村 壮秀)が、「カオナビ」を導入したことを発表いたします。

2014年12月2日、株式会社カオナビ(本社・東京都港区、代表取締役・柳橋 仁機)は、アライドアーキテクツ株式会社(本社・東京都渋谷区、代表取締役社長・中村 壮秀)が、「カオナビ」を導入したことを発表いたします。

2005年に設立されたアライドアーキテクツ株式会社は、ソーシャルメディアマーケティングを総合的に支援する様々なソリューションをワンストップで提供しています。FacebookやTwitter、ブログ等のソーシャルメディアを販促・宣伝に活用する企業を多様なサービスでトータルにサポートしており、ここ数年で飛躍的に成長を遂げました。2013年11月には東京証券取引所マザーズへの上場を果たし、更に成長を続けています。


IPOをきっかけに、社内の評価制度を一新した同社では、年2回の評価を年4回に増やし、上司と部下のコミュニケーション頻度を上げることで若手社員、中間管理職の双方が成長していけるような制度運用を目指していました。そのためには、評価業務をより円滑にし、かつ上司と部下がお互いの情報を把握できるような状態を作ることが課題となっていました。
そこで、現場社員が評価の際に簡単に使うことができ、評価履歴や労務情報の取りまとめといった役割も一元化して担える人事データベースを構築するために、カオナビを導入いただくこととなりました。


★更に詳しい導入インタビューはこちらから
http://www.kaonavi.jp/showcase/aai/

■システム導入の狙い

・評価の業務を円滑に回すことで上司と部下のコミュニケーションをしっかりと続けていき、一人ひとりが成長していけるような制度にしていくこと。

・評価履歴や労務情報など、社員の人事情報を一元化し、いつでも引き出せる状態を作ること。

・人事情報をストックしていくことで、将来的により戦略的な配置・抜擢を実践しながら、新しいプロダクトや企画の創出に繋げていくこと。


■「カオナビ」の選定理由

・頻繁に変わる制度内容もすぐに反映でき、今後組織体制が変わっても柔軟に対応できるシステムであったこと。
・マニュアルがなくても簡単に操作でき、評価業務で現場社員や管理職が使用する際にサクサク使えること。


アライドアーキテクツ株式会社について
会社名   アライドアーキテクツ株式会社
所在地   東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル 4階
設立    2005年8月30日
資本金   591,872,600円(2013年12月31日現在)
代表者   代表取締役社長 中村壮秀
会社HP   http://www.aainc.co.jp/
事業内容 ソーシャルメディアマーケティング事業


「カオナビ」について
誰がどこにいるか? 誰が何をできるのか? そもそもあれは誰か?
顔が見えない組織は、成長企業が抱える大きな課題です。カオナビは人材の抜擢・配置・評価・育成などの人材開発を目的とした人材データベースです。また顔写真を使った直感的なインターフェースで人材の経験や能力、個性や考えといった人材情報をスピーディに把握することが出来ます。サイバーエージェント様、プラン・ドゥー・シー様、gumi様など、多くの成長企業で人材マネジメントのインフラとしてご活用戴いています。

カオナビとは        http://www.kaonavi.jp/
各種お問合せはこちら    http://www.kaonavi.jp/contact
セミナーお申込みはこちら  http://www.kaonavi.jp/seminar/


本件に関するお問い合わせ
株式会社カオナビ
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目11番13号 南青山ビル6F
TEL:03-6434-5305 FAX:03-6434-5306 MAIL:info@kaonavi.jp
担当: 小須賀

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング