東京メトロ遅延情報アプリ「運行メトロインフォ」がアンドロイダー公認アプリになりました!

DreamNews / 2014年12月2日 10時0分

写真

東京メトロオープンデータ活用コンテストに応募のため開発した、最新の運行遅延情報や乗り継ぎ検索が行える、Androidアプリ「運行メトロインフォ」が、みんなでつくるアプリ情報サイト「アンドロイダー」にて公認アプリとして認定され掲載されました。

位置情報系開発とスマートフォンアプリ開発(Android・iPhone)・Webアプリ開発(Python・PHP)の受託システム開発を手掛ける、ウェーブオン株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役:関口芳郎)は、東京メトロオープンデータ活用コンテストに応募した、Androidアプリ「運行メトロインフォ」が、みんなでつくるアプリ情報サイト「アンドロイダー」にて2014年11月30日に公認アプリとして認定され掲載されました。
最新の遅延情報や、東京メトロの各線のみの乗り継ぎ検索、位置情報(GPS)を利用し東京メトロの駅を検索するアプリケーションです。
【みんなでつくるアプリ情報サイト [アンドロイダー]】
公認アンドロイドアプリ 運行メトロインフォ
URL:https://androider.jp/official/app/0e09c439267ea234/

東京メトロオープンデータ活用コンテストは、東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:奥 義光)が、日本の鉄道事業者として初めて全線の列車位置、遅延時間等に係る情報をオープンデータを利用したコンテストになります。
アプリケーションの紹介
「運行メトロインフォ」は、リアルタイム運行(遅延)情報の確認、周辺駅検索、乗り継ぎ検索が出来るAndroid版アプリケーションです。
・路線図上で各列車の現在位置がわかり、表示されている列車をタップするとリアルタイム運行状況が分かります。
・東京メトロだけの、乗り継ぎ検索が出来ます。当社製品の最短最適トータルナビゲーションエンジン(製品名:WRouting)を利用し実装しています。ただし、利用している時刻表データに関しましては、到着時刻が公開されていないため、一律出発時刻を採用しております。また、終着駅時刻が公開されていない列車については、当社でデータを構築して固定の所要時間で計算しております。
・運行情報は、各路線毎の列車位置が閲覧出来ます。
・周辺駅検索では、GPS機能により現在位置から2km以内の東京メトロの駅を検索します。

対応解像度は、1920×1080としておりますので、他の解像度はデザインが崩れる可能性がございます。


【運行メトロインフォの概要】
アプリ名: 運行メトロインフォ
価格: 無料
アップデート日 :2014年11月16日
対応端末: 対応解像度:1920×1080ドット
実機検証機:
SoftBank 302SH(Android OS 4.2.2)
DoCoMo SO-01G(Android OS 4.4.4)
対応解像度:1920×1080
※他の解像度はデザインが崩れる可能性がございます。
提供場所: Google Play
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.waveon.metro


【本アプリに関するお問い合わせ先】
ウェーブオン株式会社 お問合せ担当
E-mail:info@waveon.jp
URL:http://www.waveon.jp/contacts.html


【会社概要】
会社名 :ウェーブオン株式会社
所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-57-2 ドルミ代々木5F
設立:2005年9月20日
代表者:代表取締役 関口芳郎
資本金:1,000万円
URL:http://www.waveon.jp
事業内容:受託システム開発
・位置情報関連のシステム構築
・地図情報関連のシステム構築
・Python及びPHPを利用したWebアプリケーション開発
・スマートフォン(Android/iPad/Windows)アプリケーション開発
・タブレット(Android/iPad/Windows)アプリケーション開発
・経路検索エンジンの販売及び開発、全てのナビゲーションに関わるシステム構築

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング