野村総合研究所 2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望 ~東京オリンピック・パラリンピックをマイルストーンにしたIT市場の動向~

DreamNews / 2014年12月4日 11時30分

野村総合研究所は、国内を中心とするICT(情報通信技術)関連の主要5市場について、2020年度までの動向分析と規模の予測を行い、本日発表しました。

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本正、以下「NRI」)は、このほど、国内を中心とするICT(情報通信技術)関連の主要5市場について、2020年度までの動向分析と規模の予測を行いました。

※各市場の定義は以下のURLをご覧ください。
http://www.nri.com/jp/news/2014/141204.aspx

ICT・メディア産業市場は、多くの分野で成熟期を迎える一方、スマートフォンやタブレット端末に代表される新世代ハードウェアの普及、それに伴うコンテンツ配信市場やソーシャルメディアの成長と一部既存市場の衰退、ウェアラブル端末やM2M(マシン・トゥ・マシン)による新たな市場の形成など、構造変化が起きています。
以下は、「デバイス市場」、「ネットワーク市場」、「プラットフォーム市場」、「コンテンツ配信市場」、「ソリューション市場」についての主要なトレンドと、予測結果です。

●市場別の特徴的な変化やトレンド

【デバイス市場(7分野)】
・次世代テレビ、ウェアラブル端末、3Dプリンターが大きな成長市場である。
・各種の端末からスマートフォンへの集約が進む一方、インターネットショッピングの注文リモコンのように機能を特化させた専用デバイスが登場している。「入力デバイス」の多様化を超え、その先の新しい「出力デバイス」の時代へ移行する。

【ネットワーク市場(2分野)】
・政府の政策等により、市場構造が急激に変化しつつある。設備競争だけでなくサービスの競争が加熱し、異業種との市場共創が必須になる。
・移動通信分野では、MVNOや公衆無線LAN市場が大きな成長をみせる。

【プラットフォーム市場(4分野)】
・携帯端末のスマートフォンへの移行に伴い、B2C EC(消費者向け電子商取引)市場、携帯向けインターネット広告市場はさらに拡大する。
・東京オリンピック・パラリンピックに向け、スマートペイメントが浸透する。

【コンテンツ配信市場(4分野)】
・スマートフォンへの一極集中が進み、スマートフォン以外のコンテンツ配信市場は成熟期から衰退期に向かう。
・生活者起点での「ユーザーエクスペリエンス(利用体験)」を中心とした戦略により、新たな市場を創出することが求められる。

【ソリューション市場(3分野)】
・データセンターと法人ネットワーク市場は規模的に大きいものの、大きな成長は見込めない。一方で、情報セキュリティ関連市場は堅調に伸び、またM2M市場が急激に成長することにより、全体としては高い成長性を示すようになる。

注)各市場の定義は以下のURLをご覧ください。
http://www.nri.com/jp/news/2014/141204.aspx
今回の市場分析や予測の詳細は、単行本「ITナビゲーター2015年版」として、東洋経済新報社より、12月4日に発売されます。

【ニュースリリースに関するお問い合わせ】
株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 清水、香山
TEL:03-6270-8100 E-mail:kouhou@nri.co.jp
【予測に関するお問い合わせ】
株式会社野村総合研究所 ICT・メディア産業コンサルティング部 齋藤、岸
TEL:03-5533-2288 E-mail:itnavi2015-pmo@nri.co.jp 

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング