エンジニア教育サイト「SchoolEngineer」が現役エンジニアの個人プログラミング講座を掲載可能に!手数料はかからず、現役エンジニアの副業に勧める。

DreamNews / 2014年12月5日 12時0分

エンジニア教育サイト「SchoolEngineer」を手がける合同会社MASAYUME(本社:東京都目黒区、代表取締役:宮崎大地(24) 以下「当社」)は、「SchoolEngineer」に、現役エンジニアの個人プログラミング講座を2014年12月5日より掲載可能にしたことをお知らせいたします。

■SchoolEngineerとは?
全国のITスクール・エンジニア・採用企業が集まり将来性のあるエンジニアを見つけ育む場です。
・ITスクールの方は無料で掲載・集客・講師の採用が可能です。
・エンジニアの方はポートフォリオを掲載する事で仕事の話へ繋げる事が可能です。
・採用企業の方は有料で掲載・エンジニアの採用が可能です。(掲載料:3ヶ月更新制:50000円(税別))
昨今のエンジニア不足を解決するためには、エンジニアの教育機関の強化と、経験年数重視ではない将来性での採用制度の確立が必要だと感じていたため、当サービスのリリースを致しました。
ユーザーの皆様と協力してより発信力のある媒体にしたいと思ってますので、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
サイトURL:http://schoolengineer.com/


■個人プログラミングスクールを掲載可能にした背景

エンジニアの非社会人化が進む一方で、未だフリーランスエンジニアの働き方は、請負で開発や常駐での開発が多くを占めております。
今後ITの発達が更に加速していく中で、エンジニアは不可欠な存在になると同時に教育力が問われ、若手のエンジニアをいかに育てるかが課題になってきます。
その課題を解決するために、ITスクールだけではなく現役エンジニアもセミナーや講座を気軽に開講できれば、教える母数が増え、スクールの届かない範囲の教育が可能だと考えました。
現役エンジニアの新しい働き方とともに、日本のエンジニア教育力の底上げにも繋がればという思いで今回の発表となりました。


【本リリースに関するお問い合わせ先】
合同会社MASAYUME 担当:宮崎(みやざき)
E-mail:miyazaki@masayume.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング