新興市場上場企業【全業種】 特許資産規模ランキング、トップ3は第一興商、エスケー化研、松本油脂製薬

DreamNews / 2014年12月15日 15時0分

株式会社パテント・リザルトは2014年12月15日、東証マザーズ、ジャスダック、名証セントレックス、札証アンビシャス、福証Qボードに上場する企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価した「新興市場 特許資産規模ランキング【全業種】」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2014年12月15日、東証マザーズ、ジャスダック、名証セントレックス、札証アンビシャス、福証Qボードに上場する企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価した「新興市場 特許資産規模ランキング【全業種】」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

2014年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されているすべての特許について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を算出し、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 第一興商、2位 エスケー化研、3位 松本油脂製薬となりました。

1位の第一興商は、2位以下に大きく差を開けトップとなりました。同社の注目度の高い特許には、「新曲目次機能を備えたカラオケ用リモコン」に関する技術などが挙げられます。この特許は、後発でエクシングやパナソニック、ヤマハなどによって、それぞれ出願された合計5件の特許の審査過程で、拒絶査定における先行文献として審査官に引用されています。

2位のエスケー化研の注目度の高い特許には、「耐汚染性および汚染物質の染み込み防止性を飛躍的に向上できる水性塗料用の低汚染化剤」に関する技術などが挙げられます。この特許は、権利化後に関西ペイントからの異議申し立てを受けたものの、維持が決定されるなど、他社からの注目度が高いことが窺えます。また、日本のほかにも特許出願が見られており、中国、台湾、米国、韓国、香港の各特許庁において権利化済みとなっています。

前年より順位を大きく上げた企業としては、3位の松本油脂製薬(前年8位)、4位オンキヨー(前年17位)、5位ミマキエンジニアリング(前年16位)、6位ニューフレアテクノロジー(前年11位)、9位日本ライフライン(前年19位)、11位イリソ電子工業(前年28位)、15位綜研化学(前年21位)のほか、ランキング初登場で14位となったオプティムが挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「新興市場 特許資産規模ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2014/12/emergingmarket06.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


ウェブセミナーはじめました。
http://www.patentresult.co.jp/patent_web_seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 営業部
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング