コムスクエアの「SMS自由自在レジ・メンバーズ」とエスキュービズム・テクノロジーの飲食店・レストラン向け 予約管理システム「Orange Reserve」が連携。店舗の予約確認がスムーズに。

DreamNews / 2014年12月16日 12時30分

株式会社コムスクエア(東京都中央区)のPOSレジやタブレットPOSから携帯番号を入力すると自動的にショートメッセージを配信できるクラウドサービスである「SMS自由自在レジ・メンバーズ」が、12月からEC小売業向け開発ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(東京都港区)が開発した飲食店レストラン予約管理システム「Orange Reserve(オレンジリザーブ)」に採用されました。

株式会社コムスクエア(東京都中央区 代表取締役社長:上嶌 靖 以下、コムスクエア)のPOSレジやタブレットPOS、予約管理やCRMなど、店舗向けのシステムやアプリケーションから携帯番号を入力すると自動的にショートメッセージ(以下、SMS)を配信できるクラウドサービスである「SMS自由自在レジ・メンバーズ」が、12月からEC/小売業向け開発・ソリューション提供の株式会社エスキュービズム・テクノロジー(東京都港区 代表取締役社長:武下 真典 以下、エスキュービズム)が開発した飲食店・レストラン予約管理システム「Orange Reserve(オレンジリザーブ)」に採用されました。

 飲食店・レストラン予約管理システム「Orange Reserve」は、電話をしながら片手で操作できるUI(ユーザーインターフェイス)で設計されており、自動音声システムによる受付で営業時間外でも予約受付・予約管理が可能な、iPad向け飲食店予約管理システムアプリケーションです。

 エスキュービズムでは、「SMS自由自在レジ・メンバーズ」の強みを活かし、「Orange Reserve」で入力したお客様の予約結果をE-Mailでは見落とされてしまう、メール設定によって届かないなどの不安を解消するため、到達率や開封率の高いSMSを活用し確実に予約結果をお届けすることができるようになりました。

今回の採用で、携帯番号はE-Mailや住所と異なり、通信キャリアを変更してもMNP(モバイルナンバーポータビリティ)により継続率も高く、会員化後のDMとしても有効活用することができます。

また、SMS配信で問題となっていたauの安心ブロックも「SMS自由自在レジ・メンバーズ」は標準で回避しており、通信キャリアに依存することなくAPI連携により「Orange Reserve」から直接SMSを配信することができます。
 
更に、エスキュービズムでは、POSレジ機能をタブレットやモバイル端末に詰め込んだ「EC OrangePOS」との連携により、購入時に携帯番号をレジで入力するだけでSMSが配信できるため、次回来店時のクーポンを発行し来店率アップを図ったり、従来の用紙による会員登録申込に代わりSMSで会員登録用URLを配信することで、店舗側で個人情報や属性情報を管理する必要も無くなり顧客台帳の紛失や従業員による情報漏えいのリスクを回避させ、店舗業務の安全性も高めていきます。

 「SMS自由自在レジ・メンバーズ」は2ヶ月間初期費用と月額利用料が無料(SMS送信料のみ課金)のトライアルプラン、「Orange Reserve」はAppStoreからダウンロードし14日間お試し頂ける無料版をそれぞれご用意しております。
 
■「SMS自由自在レジ・メンバーズ」による提供サービス内容
・API連携によるSMS送信機能
・au安心ブロックの回避
・管理機能によるSMS配信ログ管理
<SMS自由自在レジ・メンバーズの流れ>
■関連サイト
▼「SMS自由自在レジ・メンバーズ」公式サイト(2ヶ月トライアル版をご用意)
https://www.calltracker.jp/service/regi_members/

▼「Orange Reserve」公式サイト
http://ec-cube.ec-orange.jp/reserve/#main

■本リリースに関するお問合せ
▼「SMS自由自在レジ・メンバーズ」
株式会社コムスクエア
クラウドCTI事業部 セールスチーム
TEL:03-4455-1020(平日9:00~18:00)
E-mail:cloudcti@comsq.com

 ▼「Orange Reserve」
 株式会社エスキュービズム・テクノロジー
セールス&マーケティング部 SaaSグループ
TEL:03-6430-6730(平日9:30~19:00)
E-Mail:support@ec-orange.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング