宛名から収納まで、多彩なバリエーションのラベルシリーズ 「いつものラベル」全製品FSC認証化 ~ オリジナル簡単印刷ソフトのWEB版も新たに提供 ~

DreamNews / 2014年12月16日 12時30分

写真

プラス株式会社は、美しい発色とプリンター適性の高さが人気の マルチラベル「いつものラベル」シリーズにおいて、全製品で国際規格「FSC認証」を取得。パッケージも一新して、2015年1月5日からリニューアル発売いたします。



プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、美しい発色とプリンター適性の高さが人気の マルチラベル「いつものラベル」シリーズにおいて、全製品で国際規格「FSC認証」を取得。パッケージも一新して、2015年1月5日からリニューアル発売いたします。
「FSC認証」とは、森林の管理方法から伐採、加工、流通まで、厳しい基準を設けたグローバル規格。近年国内でも、官公庁や大手企業のオフィスユースを中心に急速に関心が高まっています。プラスではこの程、OAラベルの主力製品である「いつものラベル」シリーズを認証化いたしました。


≪主な製品特長≫

■印字品質や機能はそのままの、FSC認証製品化
ヘビーユーザーから高い評価を受けるプリンター適性はもちろん、プラスのOAラベルの用紙の最大の特長である豊富なラベルサイズ、面付バリエーションはそのままに、環境対応製品への全面リニューアルです。


「FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会) 認証」とは
FSCは、国際的な森林管理の認証を行う協議会。カナダで創設され、現在ドイツに本拠地を置く国際機関です。その認証規格は、木材や木材製品(紙製品を含む)の生産材料である世界の森林の管理や伐採の方法に始まり、加工から流通まで、関係する全ての企業が厳しい基準をクリアして、初めて認証されます。森林の保全、地域社会への利益、経済的な持続可能性まで含めた基準を充たし、毎年の更新を重ねて、認証を維持していきます。
日本国内では主に「紙になった」製品をリユースしリサイクルする取り組みが活発ですが、世界の趨勢はむしろ「紙になるまで」を重視し、不法伐採を避け環境への負荷が少ない加工・流通を経た製品に注目が集まっています。購入時にFSCマークの入った製品を選ぶ。ただそれだけで、消費者は世界の森林資源の保護を応援できる仕組みです。

■多彩なレイアウトを選べる無償ソフト“デザイン満彩”にWEB版が登場! ダウンロード版もリニューアル
多彩なレイアウトから、名刺やラベルが自分で作れるプラスオリジナルの無償ソフト“デザイン満彩”がリニューアル。新たにインストールが不要なWEB版が登場したほか、ダウンロード版もバージョンアップ。さらに便利に手軽にお使いいただけます。
<サイトアドレス> http://www.plusprintservice.com/




【商 品 名】 「いつものラベル」 

【外形寸法】 A4(297×210mm)、用紙厚み124マイクロm、ラベル厚み71マイクロm

【メーカー希望小売価格】 オープン価格

【発売日】 2015年1月5日 

【販売ルート】 全国の文具店、百貨店、量販店ほか

【販売目標】 初年度4億円

※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


<お問合わせ先>

(報道関係)

プラス株式会社 コーポレート本部 経営企画部門 広報担当 藤原

〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F

TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070

広報事務局    TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

(お客様)

お問い合わせセンター  TEL:0120-000-007

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング