マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、アジアの機能性フィルム市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年12月17日 18時0分

写真

2013年度のアジア機能性フィルムの市場規模は1兆7,432億円となった。中国では、ディスプレイ関連に加え、LiB関連フィルムが堅調に推移。韓国では、タッチパネル関連製品の需要が拡大している。当資料では、中国、韓国、台湾、アジア他を対象に、機能性フィルムの市場分析、今後の市場性を調査。さらに、主な参入企業のアジア地域における機能性フィルムの事業戦略についてレポートしている。

概要
◆2013年度のアジア機能性フィルムの市場規模は1兆7,432億円。国別市場構成は、中国が8,394億6,000万円(構成比48.2%)で最も大きく、次いで韓国が5,318億円(同30.5%)、台湾が3,351億2,000万円(同19.2%)、アジア他が368億4,000万円(同2.1%)と続いている。

◆中国においては、ディスプレイ関連に加え、スマートフォンやタブレットを中心とした民生小型LiB市場の拡大により、LiB関連フィルムが堅調に推移している。

◆韓国においては、タッチパネル関連製品の需要拡大に伴い、好調成長を維持している。

◆台湾においては、液晶ディスプレイ関連のウェイトが高いことから、同市場に合わせた推移を示している。アジア他(タイ、インドネシア、マレーシア)においては、ほぼ横ばいの推移を示している。

◆2016年度の各国別市場の伸長率予測(2013年度)は、中国が114.1%と最も高く、次いで、アジア他が108.3%、韓国が105.7%、台湾が105.2%と続いている。

◆当資料では、アジア対象地域を対象に、機能性フィルムの市場分析、今後の市場性について調査を実施。これに加え、主な参入企業のアジア地域における機能性フィルムの事業戦略についてレポートしている。

【調査対象地域】
中国、韓国、台湾、アジア他(タイ、インドネシア、マレーシア)

TPC市場調査レポート
「2015年 アジアの機能性フィルム市場」
―スマートフォン・電池関連フィルムが市場をけん引―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410150195
資料体裁:A4判100頁
発 刊 日:2014年12月17日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング