【Access(アクセス)実践】シリーズ Access(アクセス)システム活用中級 7つのシステムのデータ活用開催のご案内【2015年3月22日(日)】

DreamNews / 2015年1月8日 10時0分

作成済みシステムのデータ活用をするなかで、スキルを身に付けていただきます。 そして、受講前のスキルレベルで作られた7つのシステム(工程管理、在庫管理、見積管理、仕入管理、販売管理、支払管理、入金管理)と受講後のスキルで作られた7つの模範システムをお持ち帰りいただきます。 データ活用スキルと、模範システムを自社のシステムにご活用いただくことができます。

Excel(エクセル)、Access(アクセス)などのビジネスソフトの活用による業務効率化を目的に、人材育成、システム開発サービスを、企業向けに提供する株式会社ビジネスITアカデミー(代表取締役:田中裕明 本社:東京都千代田区)は、2015年3月22日(日)にセミナー「【Access(アクセス)実践】シリーズ Access(アクセス)システム活用中級 7つのシステムのデータ活用」を開催いたします。

◆概要
7つのシステム(工程管理、在庫管理、見積管理、仕入管理、販売管理、支払管理、入金管理)から、クエリを使ってデータを抽出していただきます。

◆対象者
以下のような方に最適です。
・Accessシステム活用初級受講済み、または、同等のスキルをお持ちの方
・既存システムのデータを活用したい方
・Access開発のプロに学びたい方

◆期待効果
・関数を使用して、演算フィールドの追加や条件値の設定を行うことができる
・グループ集計やクロス集計に条件を設定するおとができる
・クエリを元にしたフォームやレポートを使用することで、条件に合致するデータをフォームやレポートで表示することができる
・複数のアクションクエリを連続して実行してレコード操作を効率的に行うことができる

◆研修スタイル
ハンズオン形式(実際に作業していただきながら講義を進めます)
説明・ワーク・レビューを繰り返すことで
理解が定着します
自力でできるようになります

7つのシステムはお持ち帰りいただけますので、復習や、自社のシステムのベースとしてご利用いただけます。

セミナー終了時に、課題をお渡しします。セミナー終了日から1か月間、その課題を解くうえで生じる質問・疑問・不明点などに、メールにてお答えいたします。

7つの模範システム(工程管理、在庫管理、見積管理、仕入管理、販売管理、支払管理、入金管理)をお持ち帰りいただきます。この7つのシステムは、学習用だけでなく、システム開発のベースとしてが活用いただけます。

◆プログラム
1.作成(編集)するシステムの目的と要件の確認
 システム要件を満たすための機能と、実現するためのデータベースオブジェクトを確認する
2.抽出条件の設定
 関数を使用して、演算フィールドの追加や条件値の設定を行う
 関数)DMax、DAvg、DSum、Iif
 課題1)在庫数が最大の商品データを抽出する
3.グループ集計とクロス集計
 グループ集計やクロス集計に条件を設定する
 機能)WHERE条件、クエリパラメーター
 課題1)指定した期間における顧客別の受注金額の合計の算出 課題2)商品名をパラメータにしたクロス集計の作成
4.クエリを元にしたフォームやレポートの活用
 クエリを元にしたフォームやレポートを使用することで、条件に合致するデータをフォームやレポートで表示する
 機能)レコードソース、コントロールソース、固有の値、「再クエリ」アクション
 課題1)顧客名をパラメータにして、フォームで指定した条件に合致する顧客データをフォームで表示する 課題2)フォームで指定した期間の受注データをレポートで表示する
5.アクションクエリの連続執行
 複数のアクションクエリを連続して実行してレコード操作を効率的に行う
 機能)削除クエリ、追加クエリ、更新クエリ、「メッセージの設定」アクション、「メッセージボックス」アクション
 課題1)外部データの作業用テーブルへの取り込み・データの整形・本テーブルへの追加・フィールドの更新の一連の作業の自動化
6.振り返り
 作成したデータベースファイルの構成を概観する
 データベースオブジェクト同士の関係(何を元に作成しているのか、どのように関わりあうのか)を確認する


◆受講者の声
・アクセスに初めて触りましたが、とてもわかりやすかったです。流れに関わる細かいワンポイントアドバイスもとてもためになり、テキストもポイントをおさえていてわかりやすかったです。ありがとうございました。
・ほとんど前知識がなかったが、概要から話して頂けたので、理解しやすかった。ありがとうございます。
・まだアクセスは使ったことがなく、これから使ってみようと思い受講したが、今回のセミナーはさっそくある程度まで使いこなせるぐらい充実した内容だったと思う。講師の先生は経験豊富で、熱心に質問に答えており、良かったです。
テキストの修正箇所は紙でもらえれば、さらに良かったです。
・知りたい事が、受講者によってマチマチだが、ある程度それぞれの関心に合わせた質疑応答をしてもらえたと思う。
・良いです。関数・計算についての例題がもう少しあると良いです。


◆実施概要
・日時:2015年3月22日(日)10:00~17:00
・定員:6名
・会場:ビジネスITアカデミー

◆受講料
通常料金:35,000円

◆セミナー詳細・お申し込み
http://www.bit-a-seminar.jp/seminar/seminar_access_detail.php?seminar_id=372

セミナー開催の2か月前までにお申込みいただくと、28,000円/セミナーで受講いただけます。

セミナー開催一覧はこちらから
http://www.bit-a-seminar.jp/seminar/

▼ビジネスITアカデミーの企業研修
 ~業務効率化を実現する研修を検討している方へ~
 http://bit-a.jp/

▼ビジネスITアカデミーのシステム開発
 ~仕様書不要、短納期で開発したい方へ~
 http://dev.bit-a.jp/

【会社概要】
■社名: 株式会社ビジネスITアカデミー
■URL: http://www.bit-a.jp/
■所在地: 東京都千代田区鍛冶町2-7-4 Yoko Bldg4F
■事業内容: 人材育成事業、システム開発事業
■代表者: 代表取締役 田中 裕明(たなか ひろあき)
 プロフィール
 ・コールセンターのデータ分析/コール予測による生産性向上
  製造現場の歩留まり・クオリティデータのリアルタイム集計
  システムによる生産性向上
  他、多くの企業に対する業務改善実績
 ・大手電機メーカー向けExcel(エクセル)データマイニング研修
  証券会社事務センター向けExcel(エクセル) VBA研修
  他 研修企画実績
 ・「パパッとつくるA41枚企画書」執筆(翔泳社 共著)
■Mail:info@bit-a.jp
■TEL:03-6206-0614

【プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社ビジネスITアカデミー 広報:田中裕明
■Mail:info@bit-a.jp
■TEL:03-6206-0614
 受付時間:平日10:00~17:00(年末年始を除く)

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング