神戸デジタル・ラボ、「第1回 ウェアラブルEXPO」に日常生活のピンチからユーザを守るアプリ「WearAssist(ウェアシスト)」を出展

DreamNews / 2015年1月8日 13時0分

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎、以下 KDL)は、2015 年1月14日(水)から16日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第1回 ウェアラブルEXPO(http://www.wearable-expo.jp/)」に、ウェアラブルデバイスアプリケーション「WearAssist(ウェアシスト)」を出展します。

株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎、以下 KDL)は、2015 年1月14日(水)から16日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第1回 ウェアラブルEXPO(http://www.wearable-expo.jp/)」に、ウェアラブルデバイスアプリケーション「WearAssist(ウェアシスト)」を出展します。また、14日にはKDLのウェアラブル技術開発チームリーダーであるアントワーヌ・ボーロンが「日常生活で着こなすためのウェアラブル技術」と題した講演も行います。ご来場を心よりお待ちしております。

■出展アプリケーション「WearAssist」とは
「WearAssist」は、「日常生活のピンチからあなたを守る」をコンセプトとしたウェアラブルデバイス向けアプリケーションです。KDLが培ってきたIT技術をもっと身近に利用していただくことをテーマに、次世代スマートデバイスとして関心の高まるウェアラブルデバイスに着目し、「WearAssist」の開発に踏み出しました。KDLは「WearAssist」を通じて、日常生活で起こる不便・危険・ハンディキャップを感じるシチュエーション(健康状態、コミュニケーション、障がいなど)を解消し、便利で安心な未来づくりを支援します。

■「WearAssist」の機能
ブースでは、「WearAssist」の4つの機能を体験していただけます。

1.メニュー認識
メガネ型デバイスを使ってメニューの文字情報から、そのメニューの翻訳に加え、目安の塩分・カロリー・アレルゲン情報が取得できます。                                                               

2.デバイス連携安否確認
時計型デバイスを身に着けた人の位置情報が一定以上離れると、メガネ型デバイスに通知します。
こどもや認知症の方の徘徊を検知する用途などを想定しています。

3.方向・方角認識案内
メガネ型デバイスを通して周りを見ると、その方角にある宿泊施設、観光スポット、公共交通機関などの案内を表示します。
バリアフリー対応の情報も取得できます。

4.施設内表示VR(バーチャルリアリティ) ※RAPTECH PTE.LTD.開発
施設内をバーチャル映像で再現し、施設内の環境を事前に確認することができます。弊社シンガポール子会社の「KDL (SG) PTE. LTD.」に共同出資するシンガポールの会社「RAPTECH PTE.LTD.」が技術提供しています。
■第1回 ウェアラブルEXPO 概要
開催日時:2015年1月14日(水)~1月16日(金) 10:00~18:00 (最終日は17:00終了)
会 場:東京ビッグサイト(東京都 東京都江東区 有明3-10-1) 東展示棟
小間番号:東15-34

■講演
「日常生活で着こなすためのウェアラブル技術」(事前申し込み不要)
日 程:1月14日(水)10:30~11:00
場 所:展示会場内セミナー会場

【会社概要】
社名 : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
代表者 : 代表取締役社長 永吉 一郎
所在地 :(神戸本社) 〒650-0033 兵庫県神戸市中央区江戸町93番 栄光ビル2F・5F
(東京支社) 〒105-0011  東京都港区芝公園2-3-27 芝公園PR-EXビル5F
設立 : 1995年10月
資本金 : 2億995万円
従業員数: 167名(2015年1月現在)
URL : http://www.kdl.co.jp/

【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社 神戸デジタル・ラボ 先端技術開発事業部
担当  :佐々木・河村
TEL  :078-327-2280
FAX  :078-327-2278
Mail  :info@kdl.co.jp

※記載されている会社名、製品・サービス名は、登録商標および登録申請中の商標です。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング