白色申告の記帳義務化の認知は約半数。確定申告時期は 「憂鬱」な気分に。 ~ 2015年確定申告に関する調査結果~

DreamNews / 2015年1月8日 11時0分

freee株式会社は、今年確定申告をする予定の20代~60代の男女400名を対象にした確定申告に関する調査結果を公表致しました。 平成26年度より白色申告者全員に記帳が義務化されましたが、この記帳義務化について知っている白色申告予定者は54%にとどまることが明らかになりました。 また、「確定申告時期の気分」を聞いたところ「鬱・憂鬱」の回答が23%を占め、確定申告者が苦労している様子が伺えます。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)は、クラウド会計ソフトシェア No.1 (※)の個人事業主・中小企業のための会計ソフトです。銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化。簿記の知識がなくても簡単にご利用いただけます。

2015 年 1 月 8 日、全自動のクラウド会計ソフト freee を運営する freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔)は、今年 2 - 3 月に確定申告をする予定の 20 代~ 60 代の男女 400 名(事業所得または不動産所得を申告予定の人)を対象にした確定申告に関する調査結果を公表致しました。


【調査結果概要】
平成 26 年度より白色申告者全員に記帳が義務化され、白色申告者にとっては負担増となる今年の確定申告ですが、この記帳義務化について知っている白色申告予定者は、54% にとどまることが本調査より明らかになりました。
また、一般的に大変なイメージがある確定申告ですが、「確定申告時期の気分」を聞いたところ「鬱・憂鬱」の回答が 23%を占め、確定申告者が苦労している様子が伺えます。

【調査結果トピック一覧】
1)平成 26 年度からの白色申告の記帳義務化を知っていた白色申告者は 54%。実際に青色申告に移行した人は 3% にとどまる
2)e-tax(電子申請)の利用は 30 代以下が圧倒的に高い。また年代が上がるに連れ税理士等による代理申告が増える傾向に
3)確定申告の時期の気分は「鬱・憂鬱」がトップ。
4)確定申告や経理業務で 1 番大変なことは「1位:日々の記帳」「2位:確定申告に関する知識の取得」
5)1 番大変だった確定申告エピソード:「せっかく入力したデータが全て消えた」など


1)平成 26 年度からの白色申告の記帳義務化を知っていた白色申告者は約 54%。実際に青色申告に移行した人は 3%にとどまる
今年 2 ~ 3 月に提出される平成 26 年度の確定申告より、すべての白色申告者の記帳(※1)が義務化されました。対象となる白色申告者に「記帳義務化について知っているか」を調査したところ、知っていたのは約半数の 54%にとどまりました。

また記帳義務化に伴い、白色申告は税制優遇のある青色申告と同等の手間がかかることとなりますが、平成 26 年度の申告から、青色申告に移行した白色申告者は 3%にとどまりました。
(※1)売上げなどの収入金額、仕入れや経費に関する事項について、取引の年月日、売上先・仕入先その他の相手方の名称、金額、日々の売上げ・仕入れ・経費の金額等を帳簿に記載することが義務付けられます。

2)確定申告の方法は、e-tax(電子申請)の利用は 30 代以下が圧倒的に高い。また年代が上がるに連れ税理士等による代理申告が増える傾向に
近年税理士などを中心に利用が広まる e-tax(電子申告)ですが、確定申告方法を年代別に見てみると、30 代以下では電子申告利用率が他の世代の倍以上となっています。
一方、税理士などに申告を依頼する代理申告は年代が高くなるに連れて利用率が高くなる、という傾向になっています。

3)確定申告の時期の気分は「鬱・憂鬱」がトップ。
今回の調査で「確定申告の時期はどのような気分になるか」を聞いたことろ、トップは「鬱・憂鬱」という回答で 23%を占めました。次に「面倒・面倒くさい」が 20%。他には、「ブルー」「重い」「慌ただしい」「億劫」など、全体的に確定申告時期は暗い・嫌な気分になる人が多いことがわかりました。

4)確定申告や経理業務で 1 番大変なことは「1位:日々の記帳」「2位:確定申告に関する知識の取得」
確定申告や経理業務で1番大変なことは「日々の記帳」「確定申告に関する知識の取得」の順となり、普段の記帳などの実作業に加えて、確定申告特有の知識を得るのに苦労していることがわかりました。
                                       (n=400)

5)1 番大変だった確定申告エピソード:「せっかく入力したデータが全て消えた」など
1 番大変だった確定申告について、様々なエピソードが寄せられました。
・パソコンのデータが消えて全部やりなおし。
・東日本大震災で領収書などが汚れてしまった時。
・入院中。病院のベットで仕上げた。
・とにかく初年度の確定申告がさっぱりわからず大変だった。
・一番最初の申告が、何もかもチンプンカンプンで、配偶者にも怒られ、ストレスがひどかった。
・電子申請利用の手続きが間に合わず、夜自転車で遠方の郵便局に消印を貰いに行った。
・データ転記ミス。何が間違っているのかを全てチェックしてとても大変。
・e-taxの操作の仕方で非常に苦労した。 税務署に行って教えてもらった。
・追徴課税されたこと。
・物件の大規模修繕をしたときの経費処理の仕方。
・赤字申告の年。どのように申告するのか情報が少なかった。国税庁のホームページ等で勉強した。
・家事按分の割合を前年度より上げて申告したら、その根拠を求められた。


【調査概要】
調査名:確定申告に関するアンケート
調査期間: 2014 年 12 月 16 日~ 12 月 19 日
調査対象: 平成 26 年度所得税確定申告予定の 20 代~ 60 代男女 400 名(事業所得または不動産所得がある人のみを対象とする)
調査方法: インターネットを利用したアンケート調査
対象者属性:[年代]
20 代 3.0%、30 代 10.5%、40 代 33.0%、50 代 33.5%、60 代 20.0%

freee は「スモールビジネスに携わるみんながより創造的な活動にフォーカスできるように」というミッションの実現を目指します。
(※)2014年12月シード・プランニング社「クラウド型会計ソフトの利用動向調査」より


会社概要
会社名  freee 株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  代表取締役 佐々木大輔
設立   2012 年 7 月 9 日
資本金  17億5620万円(資本準備金含む)
所在地  東京都品川区西五反田1-18-9 五反田NTビル7F

メディア
クラウド会計ソフト freee(フリー):http://www.freee.co.jp/
クラウド給与計算ソフト freee(フリー):http://www.freee.co.jp/payroll
請求書ソフト freee(フリー):http://www.freee.co.jp/features/invoice
経営ハッカー:http://keiei.freee.co.jp/

お問合せ
広報担当 前村
E-mail:pr@freee.co.jp
TEL:080-8492-3804

プレスキット
http://www.freee.co.jp/presskit

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング