限定生産の国内初『食塩不使用カレー』が当初予想の5倍の注文を受け、追加生産を開始。

DreamNews / 2015年1月9日 13時0分

写真

減塩・無塩食品販売の「無塩ドットコム」(所在地:兵庫県宝塚市)は、数量限定で昨年夏に発売し、予想を上回る注文が続き一時販売停止となっていた『食塩不使用カレー』の追加生産を決定しました。 国内初の『食塩不使用カレー』は、3,000食限定で生産し、主に高血圧や心筋梗塞、心臓病など減塩をしている方向けに当店が独自開発したカレーです。 1月13日に追加生産が完了し、今後は定番商品として販売予定。

減塩・無塩食品販売の「無塩ドットコム」(所在地:兵庫県宝塚市)は、数量限定で昨年夏に発売し、予想を上回る注文が続き一時販売停止となっていた『食塩不使用カレー』の追加生産を決定しました。
『食塩不使用カレー』は、3,000食限定で生産し、主に高血圧や心筋梗塞、心臓病など減塩をしている方向けに当店が独自開発したカレーです。



■国内初の『食塩不使用カレー』開発の経緯と今後の展開

通常のレトルトカレーには1食当たり塩分が3g程度入っており、『1日の塩分制限があり、大好きなカレーを食べる事ができない』との声をお客様から頂き、当店が国内で初めて『食塩不使用カレー』を商品化致しました。
当初は市場が限られたニッチ商品と判断した為、数量限定での発売となりました。


発売後すぐ、医療機関や高血圧患者の方などから大きな反響を頂きました。
また、複数のメディアより取材も頂き、当初想定の5倍以上の注文を頂き、昨年10月から品薄状態となり、お一人様の個数を制限して販売を続けておりました。
昨年12月後半には販売を中止しておりましたが、商品のリピーター率も高く、昨今の減塩への注目の高まりを受け、『無塩カレー』の需要が大きいと判断し、追加生産を決定致しました。
今年1/13に追加生産が完了し、今後は当店の定番商品として販売予定です。

また今後は、食塩を全く使用しない食品のブランド『塩ぬき屋』を展開し、今年の5月までにドレッシングなど10種類以上を商品化予定です。


■食塩不使用カレーとは
「食塩不使用カレー」は、食塩不使用の為、全く塩分を気にせず食べる事ができます。
例えば、昼食で塩分が多い食事をした場合、夜食で「食塩不使用カレー」を食べる事で1日の塩分量を調整できます。また、「食塩不使用カレー」の味は辛口で「鰹節・こんぶ・しいたけ」などのうま味をしっかり効かせている為、味わい深いが塩気を感じない新感覚なカレーとして完成しました。


「無塩ドットコム」ECサイト
http://www.muen-genen.com/

食塩不使用カレー(辛口)
http://www.muen-genen.com/shopdetail/000000000415/001/O/page1/recommend/



■減塩への注目の高まり
減塩が必要な病気は、高血圧・透析・腎臓病・心筋梗塞・心臓病など多数あります。
この中で高血圧の患者だけでも2,000万人以上、厳しい食事制限が必要な腎臓病患者は600万人いると言われています。上記の様々な病気は高齢者ほど多く、65歳以上の高齢者は毎年100万人以上増えており、予防の観点からも減塩・無塩食品のニーズは確実に高まる事が予想されます。(※調査元『循環器疾患基礎調査』)



■「食塩不使用カレーの概要」
販売開始日     :2014年8月15日
販売価格(2袋セット):¥1,060(税別)
内容量       :1袋 172g
販売店       :無塩ドットコム http://www.muen-genen.com/


■無塩ドットコムとは
「無塩ドットコム」は減塩・無塩食品や減塩グッズ・書籍のインターネット販売を行う国内初・最大規模の専門店です。運営者の一人が人工透析により塩分制限をしており、減塩食品を探す事が困難だった経験から、「無塩ドットコム」の立ち上げに至りました。
今後も減塩に特化した専門店として「無塩食品・調味料」の開発を加速していきます。


【無塩ドットコム】
所在地   : 兵庫県宝塚市栄町3-3-38 宝塚ビル501
代表者   : 秋月 秀介
問い合わせ電話番号 :0797-87-6377
事業内容  : 減塩・無塩食品の開発・販売
自社ECサイト: http://www.muen-genen.com/



プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング