マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、メタボリックシンドロームの実態と対策商品のニーズについて調査結果を発表

DreamNews / 2015年2月3日 18時0分

写真

今回、「メタボリックシンドローム」の不安を感じる20代~60代の男女620人を対象にアンケート調査を実施。その結果、病院や健康診断で「メタボ」を指摘された人は前回調査時(2009年)より増加していた。さらに、「肥満」や「糖尿病」「高血圧」を気にしている人は多く、9割以上の人が「メタボ」の予防・改善意識が高いことがわかった。

概要
【調査主旨と結果】
◆日本人の食生活の変化等により、近年“肥満”の人が増加傾向にある。その結果、メタボ人口も1,400万人を超えると推計されている。厚生労働省の「平成25年国民健康・栄養調査」によると、「男性40代の3人に1人が肥満」、「糖尿病が強く疑われる男性が16.2%」などと発表されている。こうした中、「糖尿病」や「動脈硬化」、「高血圧」といった「生活習慣病」に不安を持つ人が多く、その対策としてトクホや健康食品、ダイエット食品への関心が高まっている。

◆当該調査では、「メタボリックシンドローム」の不安を感じる20代~60代の男女620人を対象に調査を実施した。その結果、病院や健康診断で「メタボ」を指摘された人は前回調査時の2009年より増加していた。さらに、「肥満」や「糖尿病」「高血圧」を気にしている人は多く、「メタボリックシンドローム」に対して、9割以上の人が何らかの予防・改善に取り組みたいとした。

◆当資料では、こうしたメタボリックシンドロームの実態を踏まえ、糖や脂肪に対する機能を持つ「トクホ」、「健康食品」、「ダイエット食品」の認知度や信頼度、利用実態、今後のニーズなどを調査・分析している。


【調査方法】
WEBによるアンケート調査
調査エリア:全国
対象:50代以上の男女618人
  (メタボリックシンドロームや生活習慣病を気にしている人)


【調査内容】
1 「メタボリックシンドローム」の実態
2 生活習慣病の実態とメタボリックシンドロームの原因
3 「メタボリックシンドローム」への予防・対策
4 「脂肪や糖」などに関する機能の認知度と信頼度
5 「食事代替ダイエット食品」の摂取実態と効果実感
6 「健康食品(サプリメント)」の摂取実態と効果実感
7 「トクホ飲料」の飲用実態と効果実感
8 「メタボリックシンドローム」の予防・改善意向と改善したい内容
9 「メタボリックシンドローム」対策商品の利用意向と課題
10 「メタボリックシンドローム」対策商品の商品像



TPC消費者調査レポートNo.206
『メタボリックシンドロームの実態と対策商品のニーズを探る』
―「肥満」「糖尿病」「高血圧」を気にしている人は多く、「メタボ」の予防・改善意識は非常に高い―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/cr110150270
体裁:A4判カラーコピー製本約208頁+CD-ROM版
※CD-ROM版には、レポート編・データ編(基本クロス集計・ローデータ・調査票)を収録しています。
発刊日:2015年1月30日
頒  価:360,000円(税抜)


【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL     http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook   http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング