各国を転戦、マセラティの世界最高峰ワンメイクレースが10月に鈴鹿へ 「マセラティ トロフェオ MCワールドシリーズ」 開幕戦ポール・リカール 4/25・26開催

DreamNews / 2015年4月28日 16時0分

写真

ル・カステレ発- 今年で6シーズン目となるマセラティのワンメイクレース「マセラティ トロ フェオ MC ワールドシリーズ」全6戦の開幕戦が、4月25日・26日の両日、フランスのポール・リカール・サーキットで開催されました。



ル・カステレ発- 今年で6シーズン目となるマセラティのワンメイクレース「マセラティ トロ フェオ MC ワールドシリーズ」全6戦の開幕戦が、4月25日・26日の両日、フランスのポール・リカール・サーキットで開催されました。

ピットストップなしの42分間2レース制になった今シーズン。ポール・リカールの初戦を制したのは、フランス人ドライバーのロメイン・モンティ。前日のレースでトップだったリカルド・ラガッツィーは2位につけ、総合点で首位に立ちました。レースは2台がクラッシュして、リタイア。セーフティカーの解除後に、ラガッツィーが10位のグリッドポジションから抜け出し、モンティ、パネピント、セグラーを追い越したものの、モンティがレースの主導権を奪い返しフィニッシュを飾りました。3位はステファン・パネピント、4位はアンジェ・バーデでした。ベテランドライバーが多くを占める中、初出場のドライバーも参戦。今年3月に行われた「マセラティ レーシングアカデミー」で好成績を収めて出場権を獲得したアレッサンドロ・フォグリアニがこのレースでデビューを飾り、最高順位14位でフィニッシュしました。またこのレースで初めて、インターナショナルカテゴリーにエントリー可能なGT4スペックの「マセラティ グラントゥーリズモ MC」が登場しています。



「マセラティ トロフェオMCワールドシリーズ」は、世界を舞台に転戦。この後5月24日には舞台をオーストリアのシュピールベルクに移し第2戦、6月28日には米国ウィスコンシン州のロードアメリカで第3戦を開催。北米でのレースは8月23日にもバージニア州ダンビルのバージニア・  インターナショナル・レースウェイ(VIR)で行われます。その後、シリーズは舞台をアジアへと移し、10月25日に鈴鹿で第5戦を初開催します。最終戦は12月11日に開催されるアブダビで、3年連続でこのサーキットでシリーズのクライマックスを迎えることになります。

なお「マセラティ トロフェオ MC ワールドシリーズ」のビデオプレゼンテーションは、専用サイト http://we.tl/7shZWH2jEAでご覧いただけます。



【お問い合わせ先】
マセラティ コールセンター 0120-965-120

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング