プラスアールとオムロンヘルスケア、血圧領域における事業拡大を目的とした業務提携に合意

DreamNews / 2015年5月13日 17時0分

株式会社プラスアール(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤竜也、以下プラスアール)は、オムロンヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下オムロンヘルスケア)と、血圧領域における事業拡大を目的とした業務提携を行うことに合意し、同領域におけるアプリサービスの強化を共同で2015年5月18日より実施することをお知らせいたします。

株式会社プラスアール(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤竜也、以下プラスアール)は、オムロンヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下オムロンヘルスケア)と、血圧領域における事業拡大を目的とした業務提携を行うことに合意し、同領域におけるアプリサービスの強化を2015年5月18日より共同で実施することをお知らせいたします。

プラスアールは、創業以来“カラダの悩みや不安を解消するNo.1サービス”をビジョンに掲げ、「カラダノート」ブランドにて健康情報サイトや様々な健康記録アプリシリーズを提供してまいり、現在月間300万人以上の方にご利用を頂いております。血圧管理アプリ「血圧ノート」は、長らく血圧管理アプリNo.1に位置[1]しております。
オムロンヘルスケアは、累計販売台数1億7千万台を超えるグローバルシェアNo.1の血圧計メーカーで、体温計や体重体組成計、妊娠検査薬などの家庭用健康機器から、動脈硬化検査装置など医療機器まで、幅広い健康医療商品・サービスの提供を行っております。2
今回の業務提携によってプラスアールは、オムロンヘルスケアと、相互のサービス開発・運営力や機器・商品の開発力を持ち寄り、パートナーシップを強化することで、モバイルヘルスケア領域における新しい事業モデルの創出を行ってまいります。

■ 血圧領域における市場背景
従来、家庭血圧の記録やグラフ化、医師との共有は紙ベースで行われるケースが多く、手間も多くかかるため、十分な測定データが取得出来ているとは言いがたい状況でした。しかし、2014年4月に改訂された「高血圧治療ガイドライン2014」にて、「診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断を優先する」と記されたように、これまで以上に家庭血圧を重要視する流れが出てきております。

■ 両社の役割
プラスアールが提供する「血圧ノート」は、提供開始以来、操作性や利便性の改善スピード、グラフ化機能などを強みに利用者を獲得してまいり、現在ではNo.1血圧管理アプリとなっております。血圧計グローバルシェアNo.1のオムロンヘルスケアと共同でのサービス開発を行うことで、より利用者の利便性を向上できると判断し、今回のサービス強化に至っております。

○ プラスアールの役割
「血圧ノート」に以下の新機能の搭載を開始致します。
・ひとことアドバイス機能
・簡単データ転送機能


○ オムロンヘルスケアの役割
高血圧予防に有効な血圧データの分析ノウハウを供給
血圧計や店頭からのアプリへの誘導

本提携により、より多くの患者さんの家庭血圧管理を、アプリを通じて支援して行くだけでなく、スマートフォンを使い慣れた30~40代の若い世代の血圧測定習慣を拡大し、高血圧症の未病・予防の促進に貢献してまいります。

■ 今後の展開予定
プラスアールでは、本提携により弊社健康支援サービス「カラダノート」シリーズの利便性向上及び利用者の拡大を加速させていくと共に、モバイルヘルスケア領域における新しい事業価値の創出に尽力してまいります。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社プラスアール
電話番号:03-4431-3770
メール:info@plusr.co.jp

■ 株式会社プラスアール 会社概要
http://www.plusr.co.jp
本社所在地:東京都港区芝2-3-9 芝イーストビル2階
創業:2009年3月
代表取締役:佐藤竜也
事業内容:医療・健康系スマートフォンアプリ事業、モバイルサイト事業など
運営メディア:カラダノート( http://karadanote.jp

※ 「カラダノート」は、プラスアールの登録商標です。
[1]アプリストアにおけるランキング順位。自社調べ
22015年3月時点

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング