【矢野経済研究所調査結果サマリー】工業用PETフィルム市場に関する調査結果 2015

DreamNews / 2015年8月31日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内外のPETフィルム市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間: 2015年5月~7月
2.調査対象: PETフィルムメーカー、プロテクトフィルムメーカー、リリースフィルムメーカー等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談
4.発刊日: 2015年7月31日

<工業用PETフィルム市場とは>
本調査における工業用PETフィルム市場とは、光学用(光学部材及び副資材用)、一般産業用で使われるPETフィルムを対象とし、国内外の主要(日本、韓国、台湾)メーカーの出荷数量ベースで算出した。

◆ 2015年の工業用PETフィルム市場規模は590,390tの見込、日本メーカーのシェア42.5%、前年比100.8%
◆ 2015年の工業用PETフィルム市場の構成比は、光学用が46.5%、一般産業用が53.5%の見込
◆ 地域別では中国・台湾で設備投資が続く一方で、日本、韓国では生産拠点再編の動きも

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001430
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング