トーハン ほんをうえるプロジェクト 日本百貨店コラボ企画 今治製「ガーゼマフラー」を書店で販売~敬老の日の贈り物として提案~

DreamNews / 2015年9月3日 18時0分

写真

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)のほんをうえるプロジェクト(以下「ほんをうえる」)は、日本百貨店と敬老の日に向けたコラボ企画として、9月上旬より今治製「ガーゼマフラー」を取引先書店で販売します。

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)のほんをうえるプロジェクト(以下「ほんをうえる」)は、日本百貨店と敬老の日に向けたコラボ企画として、9月上旬より今治製「ガーゼマフラー」を取引先書店で販売します。

日本百貨店は、日本全国からモノづくりにこだわった職人の手による商品を販売しており、今回の「ほんをうえる」とのコラボ企画では、今治製「ガーゼマフラー」(メーカー:カラーズヴィル)を書店で展開。「ジパングカラー」と「江戸小紋」の2種各5色を9月21日の敬老の日の贈り物として取引先書店で販売します。展開書店には、オリジナルパネルやフェア看板、メッセージステッカーを提供してコーナー作りを促進すると同時に、関連書との併売をすすめます。

「ほんをうえる」が、異業種連携により出版物以外の商品を展開するのは、明治屋とのコラボ企画により、父の日に向けて「おいしい缶詰」コーナーを書店に設置したのに続く第2弾。今回の今治製「ガーゼマフラー」は、JAPANブランドが見直される中、「日本各地の良いものを売りたい」との書店の声に応えたもの。オールシーズン着用できる素材で、若い女性をはじめ幅広い年代に人気の商品であるため、贈り物需要の他にも、店頭のアクセントとしての展開も見込んでいます。

【商品概要】
今治製 ガーゼマフラー (メーカー:カラーズヴィル)
●ジパングカラー
日本の着物の伝統色である“五彩色”を現代風にアレンジした三重織りのガーゼマフラー。
色:古代紫、藍色、草色、黄土色、エンジ色 / サイズ:約27×150cm
本体価格:1,500円

●江戸小紋
江戸時代に庶民の間で発展した小紋柄を繊細な織り柄で表現した二重織りのガーゼマフラー。
色:藍白、薄墨、黄土色、紅梅、白茶 / サイズ:約34×160cm
本体価格:2,400円










【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社トーハン  広報室   TEL:03-3266-9587

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング