会社を辞めて14年、退職金の1000万円を元手に商売を始め、現在年商3億円に至るまでの起業奮闘記『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』発売しました!

DreamNews / 2015年9月17日 14時30分

写真

出版社バジリコ株式会社(本社:東京都墨田区 代表者:長廻健太郎)は『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を2015年9月17日より全国の書店ならびにオンライン書店で発売を開始しました。

出版社バジリコ株式会社(本社:東京都墨田区 代表者:長廻健太郎)は『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を2015年9月17日より全国の書店ならびにオンライン書店で発売を開始しました。

【僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語は】
好評だった前作『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』(好評発売中)に続く、和田一郎の起業奮闘記。ベンチャーキャピタルも銀行融資もない、スター起業家ではない僕が会社を退職後、どのように現在のビジネスに巡り合い、どのような壁にぶつかり乗り越え、年商3億円まで育ったのか。脱サラして14年間の軌跡と、揉まれながら得られた二十の教訓を記します。株式上場など華やかな起業ではなく、自分のビジネス、自分の居場所を求め商売を始めたい人に贈る必ずためになるエピソードが満載!

【著者略歴】
和田一郎
1959年3月8日生まれ。大阪府豊中市出身。京都大学農学部水産学科卒業。大手百貨店に18年間勤務。42歳で退職し、まだ珍しかった海外向けのアンティーク・リサイクル着物の販売を始める。2003年有限会社ICHIROYA設立。リーマン・ショックを経て現在は日本向けの販売に力を入れている。2012年3月からICHIROYAブログを毎日更新。ハフィントン・ポスト日本版にも転載中。著書として『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』(バジリコ)がある。

【商品概要】
書名:僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語
著者:和田一郎
定価:本体1,400円+消費税
仕様:四六判並製 214頁
ISBN:978-4-86238-222-1

【会社概要】
会社名:バジリコ株式会社
代表者:代表取締役 長廻健太郎
所在地:東京都墨田区江東橋3-1-3
TEL:03-5625-4420
FAX:03-5625-4427
URL: http://www.basilico.co.jp
事業内容:書籍の出版

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:バジリコ株式会社
担当者:伊藤 勲
TEL:03-5625-4420
FAX:03-5625-4427
E-mail:marketing@basilico.co.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング