【FRONTIER】インテル製チップセットH110を備えたWindows10パソコン、新発売

DreamNews / 2015年9月30日 11時30分

写真

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2015年9月28日(月)より、インテル製 チップセットH110を搭載した Windows 10パソコンの販売を開始しています。

■製品の概要
 このたび発表する新製品は、9月27日(日)に発表されたばかりのインテル製チップセットH110を備えた Windows 10パソコンです。
 インテル製チップセットH110をベースに、「インテル Core i5-6400 プロセッサー」搭載モデルには、4GBメモリ、500GB HDD、日本製コンデンサー採用の600W電源(80PLUS BRONZE取得済み)を搭載しています。また、「インテル Core i7-6700 プロセッサー」搭載モデルには、8GBメモリ、120GB SSD、1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX960 、日本製コンデンサー採用の600W電源(80PLUS BRONZE取得済み)を搭載しています。
 長さ33cmまでの高性能グラフィックカードや水冷CPUクーラーが搭載できるなど、拡張性の高さをそのままに、コスト低減を実現したコストパフォーマンスに優れたパソコンです。ぜひお好みの構成へのカスタマイズをお楽しみください。




■製品の特徴

<インテル製チップセット H110採用>
 9月27日に発表されたばかりのインテル製チップセットH110を搭載したECS製マザーボードH110M-S101を採用しました。
 背面にはUSB2.0端子を2つと高速データ転送が可能なUSB3.0端子を2つ備えていますので、周辺機器の接続にも便利です。また、DVI-D、D-Sub(15ピン)、Display Portの計3系統の出力端子は、同時利用が可能ですので、最大3台のモニタへの出力にも対応します。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサー採用>
 2015年初頭から80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサーを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。

<拡張性重視のケース採用>
 高さのあるケースを採用したことで、拡張性が格段にアップしました。33cmの長さのある高性能グラフィックカードや水冷式CPUクーラーの搭載も可能です。2.5インチの内部ベイ2つと3.5インチの内部ベイ2つを備えているため、最大SSD2つ、HDD2つのストレージが搭載可能です。
 また、前面と背面に12cmファンを1つずつ備えているため、呼気から排気までのエアフローがスムーズで、冷却効率もアップしています。

<最新OS Windows10をプリインストール>
 Windowsシリーズの最新バージョンである Windows 10 は、新機能の搭載と Windows 7 ・ Windows 8 の使いやすさなどの融合と、セキュリティの強化など多くの面で刷新された「新世代の Windows 」です。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( http://www.frontier-direct.jp/)にて、2015年9月28日(月)より販売開始しています。

 ▼インテル製チップセットH110を備えた Windows 10 搭載パソコンはこちらから
   http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1509300101  



【本件に関するお問い合わせ先】
 インバースネット株式会社 藤山(フジヤマ)
  TEL:0820-24-2434  FAX:0820-24-2405

【製品に関するお問い合わせ】
 <一般お客様受付窓口>
 インバースネット株式会社 通信販売窓口  
  TEL:0800-100-5046
  インターネットホームページ: http://www.frontier-direct.jp/



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング