マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、介護用品市場について調査結果を発表

DreamNews / 2015年10月21日 9時0分

写真

2014年度の介護用品市場は前年比4.0%増の4,278億円規模となった。商品別でみると、特に、大人用紙おむつ、介護ベッド、歩行車・シルバーカーなどが好調であった。背景には要介護者や在宅介護の増加がある。当資料では、介護用品を排泄、移動、寝具、衛生、入浴、住宅改修、衣類、食事用品の8分野に分類し、商品動向、売上高などを調査。さらに、主要参入企業の商品展開、売上高、販売促進策などをレポートしている。

概要
◆介護用品市場は、2015年度で前年比4.9%増の4,488億円規模となる見通し。近年は、要介護高齢者や在宅介護の増加を背景に、市場成長が続いている。

◆商品別でみると、特に、大人用紙おむつ、介護ベッド、歩行車・シルバーカーなどが好調に推移している。大人用紙おむつでは、各社が、“消臭機能”“吸収力”“モレ防止”など機能の向上を訴求した新商品の開発に努め、需要拡大につなげている。また介護ベッドは、在宅介護におけるレンタル需要の拡大を追い風に、順調に推移している。歩行車・シルバーカー・杖などの歩行補助用具も、自立歩行のサポートとして、軽度の要介護者の需要が高まっている。

◆当資料では、こうした動向を踏まえ、介護用品を8分野に分類し、商品動向、各社の参入状況、市場規模、メーカー別・商品別シェアについて調査。さらに、主要参入企業の商品展開、売上高、販売促進策、今後の事業展開などをまとめ、今後の介護用品市場におけるマーケティング活動や販売戦略に資するレポートとなっている。

【対象分野商品】
◆排泄
(大人用紙おむつ、おむつカバー、ポータブルトイレ、便器・尿器、トイレ
 用手すり、他)
◆移動
(歩行車・歩行器、車いす、福祉車輌、段差解消機・階段昇降機、電動三
 輪・四輪車、ホームエレベーター)
◆寝具
(介護ベッド、ベッド用マットレス、床ずれ予防マットレス、シーツ、体位
 変換用品、ベッド付属品)
◆衛生
(スキンケア用品、ドライ・ボディシャンプー、清拭剤・清拭布、消臭・除
 菌剤、口腔ケア、他)
◆入浴
(バス・シャワーチェア、バスボード、すのこ・踏み台、簡易浴槽・部分浴
 槽、手すり・グリップ、他)
◆住宅改修
(取付型手すり、段差ステップ、段差スロープ、開閉扉、滑り止め)
◆衣類
(寝巻き・パジャマ、肌着、室内着、介護用エプロン、靴下、他)
◆食事用品
(箸・フォーク・スプーン、食器・コップ、吸飲器、トレー・ホルダー、
 他)
TPC市場調査レポート
「2015年 介護用品の市場分析調査」
―要介護高齢者の急増に伴い市場成長が進む介護用品市場―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr110150240
資料体裁:A4判162頁
発 刊 日:2015年10月19日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング