【矢野経済研究所調査結果サマリー】セルフケア健康機器市場に関する調査結果 2015 ―市場は微増傾向、自治体によるセルフケアプログラムに注目集まる―

DreamNews / 2015年10月21日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のセルフケア健康機器市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2015年6月~9月
2.調査対象:セルフケア健康機器市場に参入している企業及び関連団体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査等併用
4.発刊日:2015年9月30日

<セルフケア健康機器市場とは>
本調査におけるセルフケア健康機器市場とは、家庭用の健康管理機器、フィットネス機器、健康回復機器、健康治療機器などを対象とする。主な機器として健康管理機器では「電子血圧計」、「電子体温計」、「体重体組成計」、「尿糖計」、「心電計・心拍計」、「歩数計・活動量計」、フィットネス機器では各種機器(トレッドミル、ステッパー、エアロバイク、等)、健康回復機器では「マッサージチェア」、「フットマッサージャー」、「ハンディマッサージャー」、「フェイスケア」、健康治療機器では「電位治療器」、「低周波治療器」、「吸入器」である。なお、医療施設やスポーツクラブなどにおける業務用機器を含まない。

◆2014年のセルフケア健康機器市場は前年比3.2%増の2,295億4,000万円と推計
◆「スマホアプリ連動」、「ロコモ予防」、「ストレスチェック」等と関連させた製品展開が進む
◆製品普及のきっかけとして注目される、自治体による住民向け“セルフケアプログラム”

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001462
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング