「カーボンナノチューブの世界市場(タイプ別、用途製品別、地域別):2020年市場予測と動向」調査レポート刊行

DreamNews / 2015年12月16日 9時30分

写真

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「カーボンナノチューブの世界市場(タイプ別、用途製品別、地域別):2020年市場予測と動向」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
世界のカーボンナノチューブ(CNT)の市場規模は2015年段階で22億6000万ドルと推計され、今後2020年には倍増以上となる56億ドル規模の市場へと急成長することが予測されます。用途製品別では、2015年時点で電子・半導体用途が最大市場となっており、先進マテリアル、化学・ポリマー、バッテリーが続きます。一方、需要量ベースで今後、航空・防衛用途において最も速い成長が見込まれます。
当レポートでは、2020年に至る世界のカーボンナノチューブ(CNT)市場規模の推移(金額US$と量ton)、CNTタイプ別市場(単層、多層)、用途製品別市場(エレクトロニクス、半導体、化学、バッテリー、エネルギー、医療、航空等)、主要国地域別市場、など詳細にセグメント分けされた市場予測と分析を掲載しています。また市場分析、競合の状況、CNT主要企業21社動向などの調査解説も交えて、今後の市場展望を検討していきます。

【英文市場調査レポート】
カーボンナノチューブの世界市場(タイプ別、用途製品別、地域別):2020年市場予測と動向
Carbon Nanotubes Market - Global Forecasts to 2020
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Carbon_Nanotube_Market_2020_MAM182.html

【レポート構成概要】
◆カーボンナノチューブ(CNT)の世界市場予測2015-2020年
(金額ベースUS$と需要量ベースtonを掲載)

◆CNTタイプ別市場予測-2020と分析
・単層カーボンナノチューブ(SWCNT)
・多層カーボンナノチューブ(MWCNT)

◆用途製品別、市場予測-2020と分析
<エレクトロニクス、半導体>
- 電界放出ディスプレイ(FED)
- IC
- 超伝導トランジスタ

<化学、ポリマー>
- センサー
- 水素貯蔵
- 触媒
- コーティング
- フィルター

<バッテリー、キャパシタ>
- リチウムイオン電池
- キャパシタ

<エネルギー>
- 燃料電池
- 太陽電池
- 推進剤(Propellant)
- 風力エネルギー

<医療>
- ドラッグデリバリー
- プロテオミクス
- がん治療

<先進マテリアル用品>
- スポーツ用品
- 自動車
- 防弾ベスト
- 建築

<航空防衛>
- 機体とコンポーネント
- ボディパーツ
- 戦闘ジャケット(Combat Jacket)

・その他

◆主要国地域別、市場予測と分析
・北米
・欧州
・アジア太平洋
・その他地域(Rest of the World)
(※主要国別データも掲載)
(※セグメント相互を掛け合わせた細分化データ掲載。詳細は目次List of Tables参照)

◆市場分析、競合動向
・バリューチェーン
・市場の促進要因と阻害要因、市場機会
・ファイブフォース分析(競合分析モデル)
・技術開発の進展、新製品
・提携、合弁事業等動向

◆リーディング企業21社動向
・ARKEMA S.A.
・HANWHA CHEMICAL CO. LTD.
・KUMHO PETROCHEMICAL
・昭和電工株式会社
・東レ株式会社
・CNANO TECHNOLOGY LIMITED
・NANOCYL S.A.
・HYPERION CATALYSIS INTERNATIONAL INC.
・ARRY INTERNATIONAL GROUP LIMITED
・CARBON SOLUTIONS, INC.
・CHEAP TUBES INC.
・CNT CO., LTD.
・CONTINENTAL CARBON COMPANY
・KLEAN CARBON INC.
・NANO-C INC.
・NANOINTEGRIS INC.
・NANOLAB INC.
・NANOSHEL LLC
・NANOTHINX S.A.
・SOUTHWEST NANOTECHNOLOGIES, INC.
・THOMAS SWAN & CO. LTD.

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/1/Carbon_Nanotube_Market_2020_MAM182.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)
日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2015年12月15日

★関連レポート
「グラフェンの世界市場」
http://researchstation.jp/report/Visiongain/3/Graphene_2025_VGN358.html

★マテリアル関連リサーチ一覧
鉄鋼、金属、レアメタル、レアアース、プラスチック、ガラス、炭素、セラミック、ポリマー、複合材料などの各種マテリアル、包装・パッケージングおよび関連アプリケーションに関する市場規模、技術、企業、政策についての最新動向を調査分析したマーケットレポートをお取扱いしております。
http://researchstation.jp/categories/Materials/Material_Reports.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング