観光を学ぶ関東の大学生100人へのアンケート結果~ インバウンド講義受講後、8割がインバウンドへの関心高まる ~

DreamNews / 2016年1月20日 18時0分

株式会社やまとごころは、インバウンド人材育成支援の一貫として、2015年10月に関東で観光を学ぶ大学生約100名を対象に、「インバウンド(訪日旅行)観光者の動向分析とマーケティングへの視点」をテーマとした講義を行いました。講義後に、インバウンドへの関心が高まったかどうかのアンケートを実施し、その結果を2016年1月19日付けで自社サイトへ公開しました。

株式会社やまとごころ(代表取締役:村山慶輔、本社:東京都新宿区、以下 やまとごころ)は、インバウンド人材育成支援の一貫として、2015年10月に関東で観光を学ぶ大学生約100名を対象に、「インバウンド(訪日旅行)観光者の動向分析とマーケティングへの視点」をテーマとした講義を行いました。講義後に、インバウンドへの関心が高まったかどうかのアンケートを実施し、その結果を2016年1月19日付けで自社サイトへ公開しました。

講義は、インバウンド実務に携わる立場から訪日外国人の最新動向、国別動向とマーケティングの重要性、実際に携わっている事業の事例、地域や施設による取り組み紹介など、基礎的な内容を中心に約60分間行いました。その結果、学生のうち8割が講義後にインバウンドへの関心が高まったことが分かりました。

やまとごころの講師が、受講前の学生にインバウンドへの関心度を訪ねたところ「インバウンドに興味がある」と回答した学生は、約100名の受講生のうち2名でしたが、講義後に実施したアンケートでは約8割が「インバウンドへの高い関心がある」と回答し、インバウンド分野への就職に意欲を示す回答も多くみられました。(図1)



こうしたことから、インバウンドに関する知識がほとんどなかった講義前の段階では、インバウンドやインバウンド業界への関心が薄かったものの、講義によって基礎知識を習得し、実際に様々なデータ類がどのように現場で活用されて施策に反映されているかを学んだことや、さらにその成果も含めた成功/失敗事例の解説や様々な事例を知ったことによって学生のインバウンドへの興味・関心度が高まったことが確認できました。また、ビジネスとしてのインバウンドの位置づけが明確になったことで、就職先として具体的に想起できるようになり、インバウンド業界への就労意欲も出現したと考えられます。

現在、急激に成長しているインバウンド業界では、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて人材不足が懸念されています。そうした中、基本の知識と実際の現場をつなぐ実践的な内容の講義を増やすことで、インバウンド分野に高い関心と意欲のある若い人材の参入を促進することが可能であるということが、今回のアンケート結果によって確認することができました。

やまとごころは、今後も日本全国でインバウンド実務者や先駆者による講義や講演会、講習会を企画・実施し、日本のインバウンド人材育成を強力に促進してまいります。

当レポートの詳細はこちら▼
http://www.yamatogokoro.jp/research/2016/01/100-8.html


<株式会社やまとごころとは>
「日本のインバウンドを熱くする」をミッションに、2007年より日本最大のインバウンド業界向けB to Bポータルサイト「やまとごころ.jp」( http://www.yamatogokoro.jp/)を企画・運営。インバウンド観光に携わる企業・自治体の皆さま向けに、インバウンドに関する情報発信、研修・セミナー、講師派遣サービス、コンサルティングサービスなどを展開しています。現在、「やまとごころ.jp」の法人会員は13,000名以上となっており、主催セミナーには通算5,000名以上にご参加いただきました。

【会社概要】
社名 :株式会社やまとごころ
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-22 多摩川新宿ビル3F
設立年月日 :2012年11月15日
代表者 :代表取締役 村山慶輔
サービス内容 :インバウンドサポート事業、研修・セミナー事業、メディア事業、
求人サイト運営事業

◇報道関係お問い合わせ先◇
株式会社やまとごころ
電話 03-5312-8314 FAX 03-4333-7398
e-mail:pr@yamatogokoro.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング