【矢野経済研究所調査結果サマリー】来店型保険ショップ市場に関する調査結果 2016 -保険業法改正対応の中、来店型保険ショップの市場規模、新規契約件数拡大続く-

DreamNews / 2016年3月11日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における来店型保険ショップ市場の調査を実施いたしました。

1. 調査期間:2015年12月~2016年2月
2. 調査対象:来店型保険ショップ経営の乗合代理店、生命保険会社等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに電話・e-mail等によるヒアリングを併用
4.発刊日:2016年3月7日

<来店型保険ショップとは>
本調査における来店型保険ショップとは、複数の保険会社の保険商品を販売する乗合代理店とし、市場規模は同店舗で販売される保険商品について、各事業者における会計(決算)年度の新契約年換算保険料ベースにて算出した。

◆2015年度の来店型保険ショップの市場規模(新契約年換算保険料)は前年度比15.9%増の1,732億円と拡大の見込み
◆2015年度の来店型保険ショップの新規契約件数は前年度比14.4%増の167万件の見込み
◆来店型保険ショップは今後も成長市場、金融機関としての体制整備を期待

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001506
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング