「対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場 (2016~2020年)」 - 調査レポートの販売開始

DreamNews / 2016年4月6日 15時0分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場 (2016~2020年)」 (TechNavio (Infiniti Research Ltd.)発行) の販売を4月6日より開始いたしました。

2016年04月06日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場 (2016~2020年)」 の販売をいたしております。

対UAV防衛システムは、UAV (無人航空機) の潜在的な脅威を探知するシステムで、軍事・国土安全保障・空港といった分野で活用されています。システム内部にはレーダーや赤外線カメラ、ナビゲーターなどが組み込まれ、ドローンを探知して、危険な行動を取らせないようにします。また、ジャミングシステム/技術も搭載されており、他の周波数帯域には手を付けずに、ドローン操作用の信号だけをブロックする、という重要な役割を果たしています。世界の対UAV防衛システム市場は2016~2020年にかけて、3.77%のCAGR (複合年間成長率) で成長する見通しです。

当レポートでは、世界の対UAV (無人航空機) 防衛システムの市場について分析し、製品の概要や市場構造、市場規模の動向 (今後5年間の予測値)、用途別・地域別の詳細動向、市場の促進・抑制要因とその影響力、主要企業のプロファイル、今後の市場機会などを調査・推計しております。

第1章 エグゼクティブ・サマリー
●分析結果の概略

第2章 分析範囲
●分析概要
●大手ベンダーの主要システム

第3章 市場分析の手法
●分析手法
●経済指標

第4章 イントロダクション
●市場動向の概略

第5章 市場環境
●市場概要
●市場規模とその予測
●ファイブフォース分析

第6章 世界の航空宇宙・防衛産業のバリューチェーンの分析
第7章 世界の航空宇宙・防衛産業のサプライチェーンの分析

第8章 用途別の市場区分
●世界の対UAV防衛システム市場:用途別の詳細動向 (今後6年間分)
●民間用市場
●軍事用市場

第9章 地域区分
●世界の対UAV防衛システム市場:地域別の詳細動向 (今後6年間分)
●南北アメリカ市場
●アジア太平洋地域市場
●欧州・中東・アフリカ諸国 (EMEA) 市場

第10章 市場促進要因
第11章 促進要因の影響力
第12章 市場の動向

第13章 ベンダー環境
●競争シナリオ
●ベンダー一覧:世界の防衛レーダーシステム・技術市場
●Airbus Defence and Space
●Blighter Surveillance Systems
●Finmeccanica
●SRC
●Thales Group
●主要ベンダーの近年の動向

第14章 付録
●略語集

第15章 Technavioについて
図表一覧

【商品情報】
対UAV (無人機) 防衛システムの世界市場 (2016~2020年)
Global Counter Unmanned Aerial Vehicle Defense System Market 2016-2020
● 発行: TechNavio (Infiniti Research Ltd.)
● 出版日: 2016年03月23日
● ページ情報: 56 Pages

【当レポートの詳細目次】
http://www.gii.co.jp/report/infi355606-global-counter-unmanned-aerial-vehicle-defense.html

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL: http://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング