『父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。』紀伊国屋書店で1位になった、ライフスタイル情報(WEB)がリニューアル!お父さん必見です

DreamNews / 2016年7月19日 16時0分

写真

株式会社パラドックス(本社:東京都港区 代表取締役:鈴木猛之)は、家族を幸せにする、お父さんスタイル「oton+to」(WEB)を、紀伊国屋書店/「文芸」「話題の本」(2016年1月26日)で1位になった同ブランドの書籍の反響を受け、7/15にリニューアルいたしました。 ★URL:http://otonto.jp/

子どもと同じ目線で競い合ったり、遊びの中で「パパすごい!」と思われたり、今度の休みもお父さんと遊びたいと思ってくれたり、子どもとそんな関係になり始めるのが、だいたい幼稚園の年中さん頃からじゃないでしょうか。

でも、目一杯この関係でいられるのが、多くは小学校の3・4年生くらいまで。それ以降になると、子どもには子どもの用事があって、なかなかがっつり遊ぶことができなくなってきます。

つまり、5~6年ほどしかない。子どもからすれば、それはもう長い長い年月なのですが、大人になると、あっという間に感じてしまう程の短い期間です。“あぁ、いつの間にか5年経ってしまったなあ・・・”そんな声もよく聞きます。


仕事が忙しくて、普段しっかりと遊んであげられないお父さん。休みの日くらいは、どこかに連れて行こうと思うこともあるけれど、いざ休日になると、つい家でゴロゴロ。子どもと行った近くの公園では、「パパ!見てて!!」自慢げに鉄棒につかまる子どもをちら見しながら、自分はついついケータイメールに集中。そんな光景も見かけます。



たった5~6年のこのような子どもとの時間を、だらだらと過ごしてしまうのはもったいない。
この時期は、いってみれば、父としての青春期。

子どもに教えてあげる。
子どもと競い合う。
子どもと一緒に始めてみる。
子どもと何度も何度も練習する。
とにかく子どもと笑い合う。



お父さんたちが、そんな機会をひとつでも多くつくれる、そのきっかけとなるような情報を届けたいと想い、立ち上げたのが「oton+to」。そしてこのたび、7月15日に、家族が幸せになる、お父さんスタイル『oton+to』(WEB)をリニューアルオープンしました!

--------------------------------

みなさまのアンケート・声にお応えして
◎忙しく働くビジネスマンの子育てアイディア・失敗談「オトンなビジネスマン」連載を開始!
◎時期にあわせて特集を掲載!7、8月は夏休み特集!夏休みを楽しく過ごせるよう情報を配信します
◎週間人気記事ランキングなど、はじめての方でも楽しみやすいサイト構成に変更
◎スマートフォンでも見やすくなりました!

--------------------------------


このWEBサイトをもとに編集した本「父親(オトン)が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。」(三輪舎刊)は紀伊国屋書店/「文芸」「話題の本」ベストセラー1位(2016年1月26日)にもなっています。

子どもにとって、この時期に父と遊んだことはずっと心の奥に残るはず。できるだけたくさんのことを体験するもよし、ひとつことに集中するもよし、やり方はお父さん次第。「oton+to」を見て、子どもとのかけがえのないこの時期を大切にしてくれるお父さんが、ひとりでも増えることを願っています。



ちなみに夏休み中は、子どもがきっと喜んでくれる「海川山森の遊び方」をはじめ、夏休み特集をほぼ毎日更新中。夏休みが、いいきっかけになればと考えています。


【サイトURL】
  http://otonto.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
 会社名:株式会社パラドックス
 担当者:布施
 TEL:03-5414-5920
 E-Mail:contact@otonto.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング