【矢野経済研究所調査結果サマリー】呉服市場に関する調査を実施(2018年)-需要は二極化、高価格帯商品が好調の一方、中価格帯商品が苦戦-

DreamNews / 2018年3月27日 14時0分

写真

株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区)では、次の調査要綱にて国内呉服市場の調査を実施いたしました。

1. 調査期間:2017年11月~2018年3月
2. 調査対象:呉服関連メーカー、呉服関連卸売業、呉服関連小売業等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート、及び文献調査併用
4.発刊日:2018年3月15日

<呉服市場とは>
本調査における呉服市場には、正絹のきもの、紬類のきもの、帯類、リサイクルきものの他、和装小物、ゆかた、合繊素材のきもの等を含む。市場規模は小売金額にて算出し、レンタルきものは含まない。

◆2017年の呉服小売市場規模は前年比97.3%の2,710億円と微減
◆リサイクル販売チャネルとインターネット通販チャネルは引き続き好調
◆消費者嗜好の多様化、織りや染めにこだわる逸品需要など二極化も

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press/press.php/001812
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング