【Singer Otoミニアルバム「Dacne on the Beach」を全国リリース】

DreamNews / 2018年4月3日 12時0分

写真

ミニアルバム「Dance on the Beach」煌びやかな往年のDiscoがテーマとなったオリジナル4曲を8月11日にリリース。

【Singer Otoミニアルバム「Dacne on the Beach」を全国リリース】
ミニアルバム「Dance on the Beach」煌びやかな往年のDiscoがテーマとなったオリジナル4曲を8月11日にリリース。プロデュースは吉川八幡神社、宮司 久次米一弥が担当。発売元:hachimanshrine label

Singer Oto(シンガーオト)プロフィール
幼少期よりピアノを習い、フルートの演奏者としても活動。
インターネットテレビ・ラジオ・イベント等でMCを担当。
2017年 1stマキシシングル「タカラモノ」をリリース。TSUTAYA 松永店/伊勢丘店インストアライブ開催。
2018年2月11日に全国リリース版ミニアルバム「Dance on the Beach」を先行販売。
8月11日にTOWWER RECORDS、HMV、Amazon、TSUTAYA、新星堂、JEUGIA、ディスクユニオン、JoshinなどのCDショップ・オンラインショップなどで全国リリース開始。

なぜ2018年の今現在にDiscoなのか?
「今まで私は歌謡曲カヴァーをメインにシンガー活動をしていましたが、すべてなりゆきで…(笑)。作曲を担当した久次米さんと色々とやり取りをしていて、カウンセリングというかセッションというか…。どちらかというと音楽に対する生き方などを語り合ったんです。そしたら久次米さんが『Otoちゃんの生き方はソウルシンガーだね。』と言ってカーステレオでDiscoソングを流し始めて、それでノリノリに盛り上がったんです。」

ほぼ当初からDiscoという方向性が決まっていたのですか?
「いえ、まったく…。久次米さんそのころはひどいスランプで、なんと声を掛けたらよいか…と悩むほど沈んでいるときで、そんなタイミングで気も遣うし心配にもなるし…という状況のなか皆でバーベキューとかしたんです。そしたら翌日、久次米さんは意気揚々と『新曲出来た!』と鼻歌を歌いながら仕事から帰ってきて…(笑)。そのまま私が歌詞を付けDisco調の新曲♪Shooting Starが、ひとまず完成しました。そのままFMに出演するという勢いで…(笑)。」

そうとう振り回されていますね…。
「それが久次米さんなんです。私はくじめってぃと2年程前から呼んでいます(笑)。岡山に出張で来られるタイミングで新曲のDance on the Beachを福山に持って来られて、しかも英詞の部分は新幹線の車中で考えたんだとか…。らしいというか…(笑)。で、いつも会うときは何か食べてます。ご本人は素食家だとか倹約家だとか言ってますが、常に何か食べていて、けっこうなグルメでコーヒーとスイーツが好きで…。一緒にいると運動しなきゃ絶対太る。」
今回のアルバムタイトル楽曲Dance on the Beachが完成したんですね。
「そのタイミングで仙酔島に案内してビーチを散歩したんです。まだ色々引きずっているようでしたが…(笑)。でも大阪にくじめってぃが戻ってから『完成したよ』って送られてきた音源がDiscoそのもので…。Discoと言っても70年代から80年代まで幅広いんですが、楽曲ごとに年代もイメージしながら作っています。」



このミニアルバムDance on the Beachでは4曲収録(Dance on the Beach、Shooting Star、Love is all you need、Everytime Everybody)で、特にDance on the Beachは70年代のDiscoイメージで、Everytime Everybodyは80年代のDiscoをイメージしているとか。
「Dance on the Beachは愛のコリーダとかホットスタッフあたりを彷彿とさせるアレンジとなっています。くじめってぃがビージーズやアースウィンド&ファイヤーが好きで70年代風のアレンジになっています。コード進行やシンコペーションがとても難しいですね。年代的に生演奏主体のバンドが台頭している時代だったので、アレンジもそういった雰囲気に仕上がっています。そしてEverytime Everybodyはフラッシュダンスとかバナナラマのヴィーナスとかネバーエンディングストーリーなどのキラキラしたエレクトロな電子音系が流行った時代をイメージしたアレンジになっています。80年代はレコーディング技術とシンセサイザーの進歩が音に現れていますね。日本のYMOが世界に与えた影響ですね。」

イベントでは先ほどの愛のコリーダやホットスタッフ、フラッシュダンスなどもカヴァーされていますが、OtoさんはDisco世代ですか?
「いえ、まったく。生まれてもいませんでしたが、今回のプロデュースのテーマや方向性を研究していくうちにかっこいいと感じるようになりました。2月11日に東福山のmusic factoryというライブハウスで先行リリースイベントを開催しましたが、会場も満員になりDisco世代のお客さん達がみんな踊ってくれてとても盛り上がりました。そのイベントではお立ち台も作ったりしてライブハウスをDiscoにする。というテーマで大成功でした。」

さていよいよ全国リリースですが、どちらで販売の予定ですか?
「全国の有名CDショップや、オンラインストアなどで購入していただけます。」
TOWWER RECORD、HMV、JUGIA、Amazon、iTunes music Storeなどでお求めいただけます。※予約開始は7月11日の予定

今後のイベントについて…
5月23日(水)新大阪ライブハウス D.3【Singer Oto & 菅沼孝三Disco night】開催予定。
「日本を代表するトップドラマーの菅沼孝三さんとご一緒させて頂きます。Discoの名曲も生演奏でお送りする予定ですので、皆様ぜひいらして下さい。」

今後のスケジュールが目白押しのSinger Otoさん。これから注目のアーティストです。
最新情報は https://www.facebook.com/otonyanko/ http://twitter.com/0t0nyank0 でFacebookやTwitterなど是非チェックしてみてくださいね。
ミニアルバム「Dance on the Beach」発売元:(C)&(P)2018 hachimanshrine label osaka japan.

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング