【ABIリサーチ調査報告】鉄道貨物のデジタル化と革新

DreamNews / 2018年4月12日 10時0分

写真

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「鉄道貨物のデジタル化と革新」を2018年4月に出版しました。

【調査レポートのサマリー】
2018年4月発行

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】鉄道貨物のデジタル化と革新」は、鉄道貨物輸送の進化は、約5-10年前の商業輸送にはじまったようである。テレマティクス、予兆、運転手支援ソリューションなどの他業種の革新の一部が鉄道貨物業界に革新をもたらし、鉄道輸送業界固有のニーズに適応することができた。ユニオンパシフィック(Union Pacific)のような事業者は、マシンビジョンやポジティブトレインコントロール(PTC)などの技術の実装に取り組むための独自の研究を行っていることを誇っている。

産業用インターネット技術の採用がすすんでいるため、サイクルがますます早まる中で“キャズムを乗り越え”ようと(取り残されないように)している。それは鉄道などの従来の交通機関に、より短期間に大規模な技術採用を促すものである。このような定義によれば、この技術は安全性を高め、セキュリティを強化し、効率を高め、道路交通に迫る競争力を持つことにつながるだろう。

The evolution of rail freight transport appears to be where commercial trucking was about 5-10 years ago. Some innovations in other verticals like telematics, prognostics, or driver assist solutions may be new to the rail freight industry and can be adapted to the unique needs of the industry. Operators like Union Pacific boast having their own labs for working on potential implementation of technologies, such as machine vision and Positive Train Control (PTC).

The subsequent industrial Internet technology adoption rates are “crossing the chasm” in increasingly shorter waves. This can lead to traditional transit, such as rail, adopting technology in less time and at greater scale. The technologies defined above are intended to improve safety, bolster security, enhance efficiencies, and compete more closely with road-based transit.

Emerging technologies for freight include: alternative fuel/energy-efficient locomotives and wagons, train control systems, asset monitoring, video surveillance predictive maintenance, intelligent rail infrastructure and operations, freight information systems (FIS), safety systems, and cybersecurity.

Opportunities exist across the value chain, from OEMs and operators to telematics, data, and infrastructure providers. Hardware, which includes cameras, sensors, gateways, and software for scheduling, security, safety, load optimization, and tracking/tracing, presents options for achieving transformative and actionable intelligence.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。


■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】鉄道貨物のデジタル化と革新
Rail Freight Digitization and Innovation
Technology Analysis Report
出版年月:2018年4月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian4948.html

【サービス区分】高度交通とeフライト - 市場
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#53


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング