Kingston、最新Ultrabookに対応したUSBハブ「Nucleum」を発売

DreamNews / 2018年4月18日 11時0分

写真

-台湾・台北市、2018年4月16日-メモリメーカーの世界的リーダーであるKingstonは本日、Ultrabook や MacBook(R)に対応したUSB-Cハブ「Nucleum」を発表し、Amazon (https://www.amazon.co.jp/dp/B076BGJXTG) にて販売を開始いたしました。

-台湾・台北市、2018年4月16日-メモリメーカーの世界的リーダーであるKingstonは本日、Ultrabook や MacBook(R)に対応したUSB-Cハブ「Nucleum」を発表し、Amazon ( https://www.amazon.co.jp/dp/B076BGJXTG) にて販売を開始いたしました。市場想定価格は(税込み)は\7,980です。Nucleumは、iPhone(R)とiPad(R)のストレージの拡張を可能にしたUSBドライブであるBolt Duoと同じモバイルライフスタイルラインナップの製品として加わりました。

Nucleumは最新のUltrabookのために設計されたUSB-Cハブです。USB-Cはパソコンの充電や外部モニタの実行、データ転送などに使用されるUSBの新しい規格です。Ultrabookを充電しながら別モニタを使用しているときにUSBドライブ接続や、携帯電話の充電をしてしまうと電源供給が足りず、デバイスの接続が切断されてしまう恐れがあります。Nucleumはポートを多く使用しなければならない場面をサポートするために、ポートを追加することでUltrabookの機能を拡張し、作業を継続できるよう設計されました。本製品は電源供給用USB-Cポート、データ転送用USB-Cポート、2つのUSB-A、携帯電話やカメラで撮影した写真を見るためのmicroSDカードとSDカード、HDMIの計7ポートで構成されています。7ポート全てを同時使用した場合においても、支障をきたすことなく継続使用できることが特徴で、効率を落とすことなく作業できます。

Nucleumには2年間の保証、無料テクニカルサポート等が付与されています。また、Kingston公式サイトではサポートのためのライブチャットもご提供しております。詳細は https://www.kingstongo.com/jp/hub/nucleum-usb-type-c-hubをご覧ください。

Nucleumの機能と仕様

●高品質の画像出力
HDMIポートを使用して、4K UHD、フルHDまたはプロジェクタに画像を出力できます。
●デバイス充電
iPhone(R)やBluetoothヘッドセットなど、他のデバイスを充電することができます。
●同時接続が可能
接続したい全ての機器を同時に接続することができます。
●携帯に便利
軽量のため、いつでもどこでも持ち運びが可能です。
●その場の編集作業が可能
NucleumにはSDメモリーカードスロットとmicroSDメモリーカードスロットがあるため、撮影画像や動画をパソコンに瞬時に取り込み、編集作業ができます。
●7ポート USB-Cハブ
・USB-C(電源供給用)
・USB-C(データ転送用)
・HDMI
・USB-A(2ポート)
・SD
・microSD
●製品保証
2年間の製品保証が付きます。

製品詳細情報

Kingston Technologyについて

Kingston Technologyは世界最大の独立系メモリ製品メーカーです。Kingston Technologyは、デスクトップ、ノートパソコン、サーバー、プリンターのメモリ製品、およびコンピュータ、デジカメ、モバイルデバイス向けフラッシュメモリ製品の設計・製造・販売を手掛けています。同社の支店や子会社は世界中にネットワークがあり、カリフォルニア、台湾、中国に製造拠点を、米国、カナダ、欧州、ロシア、トルコ、ウクライナ、インド、台湾、中国、ラテンアメリカに販売代理店を展開しています。詳細については https://www.kingston.com をご覧ください。

Kingston Technologyの関連情報:

YouTube: http://www.youtube.com/user/KingstonAPAC
Facebook: http://www.facebook.com/KingstonBlogFansClub.en

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

KingstonおよびKingstonのロゴはKingston Technology Corporationの登録商標です。All rights reserved. その他すべての商標はそれぞれの権利保持者の所有物です。
(C)2018






この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング