NXPセミコンダクターズ社 i.MX8シリーズのソフトウエア開発サービスおよびハードウエアを含むワンストップソリューションサービス開始

DreamNews / 2020年1月17日 17時30分

写真

2020年1月17日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、NXPセミコンダクターズ社 i.MX8シリーズのソフトウエア開発サービスおよびソリューション・パッケージの販売開始をいたします。さまざまなマルチメディアおよびディスプレイアプリケーションを可能にするNXPセミコンダクターズ社i.MXプラットフォームをサポートできることを誇りに思っています。

◆i.MX8シリーズのポジション
・ i.MX 8:高度なグラフィックスと仮想化
・ i.MX 8M:高度なオーディオ、音声、ビデオ
・ i.MX 8M Mini:民生用および産業用の組み込みアプリケーション
・ i.MX 8X:安全性が証明された効率的なパフォーマンス

◆主な特徴:
・ H264、H264、VP8、VP9コーデック
・ 高ダイナミックレンジ(h.265、VP9)および4Kp30
 (h.264、VP8)ビデオデコードを備えた最大4Kp60
・ 最大1080p60 H264ビデオエンコード
・ MIPI-DSI、パラレルおよびHDMIディスプレイ、最大4k解像度
・ MIPI-CSI、パラレルおよびHDMIカメラインターフェイス

◆ワンストップソリューション
NXP i.MX8対応システムオンモジュール、ボードコンピュータ、スクラッチから回路設計・基板設計、製造といったハードウエアの供給のみならず、ソフトウエア開発を含んだワンストップソリューションを提供いたします。i.MX8シリーズは、次のような高度なグラフィックス、イメージング、マシンビジョン、オーディオ、音声、ビデオ、および安全性重視のアプリケーションに 最適なソリューションを提供します。

・ U-boot、linux、ファームウェア、gstreamer
・ Yocto-BSP
・ GStreamerマルチストリーム/マルチチャネルRTSPサーバー要素
・ GStreamerの事前記録要素
・ ビデオセグメンター
・ カメラエンジン
・ GStreamerインバンドメタデータのサポート
・ OpenVX、OpenGL、OpenCL、およびVulkanをサポートする高度なGPUを利用
・ 統合されたTensilica HiFi4 DSPで独自のアルゴリズムを高速化
・ プラグイン可能な検出アルゴリズムを使用した動き検出
・ GStreamer高速テキスト/グラフィックスオーバーレイ
・ USB標準UVC / UACドライバ

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000176761&id=bodyimage1



配信元企業:ポジティブワン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング