【オフィス×カフェ】ウォーターワン株式会社に社員向けcafeスペースが登場

DreamNews / 2018年8月6日 14時0分

写真

移動体通信事業・介護福祉事業など様々な事業を展開するウォーターワン株式会社(所在地:神奈川県横浜市西区、代表取締役:船木拓志)は、2018年7月中旬より本社エントランススペースに社員向けcafeスペースを設置しました。
カフェスペースでは木目を意識したカウンターとテーブルでゆっくりとコーヒーを楽しむことができます。業務の間にリフレッシュできる他、事業部の枠を超えた従業員同士のコミュニケーションスペースとしても期待されています。
従業員に向けた福利厚生の一環として企画され、多くの社員が早速活用しています。早くも席数がもっと欲しいという声も生まれており、様々な効果が期待できる施策です。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178848&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000178848&id=bodyimage2

【カフェスペースの特徴】
(1) コーヒーは受付のスタッフが豆を挽くところから行い、一杯ずつドリップして提供いたします。またアイスコーヒーの氷もコーヒーで作るというこだわりです。従業員は一杯50円という低価格でコーヒーを飲むことが可能です。もちろんお客様にお出しするコーヒーもこだわりのコーヒーとなっております。

(2) カフェスペースではリフレッシュスペースとしてだけでなく、ミーティングスペースとしても利用でき、より開放的な空間で会議等に臨むことができます。いつもと雰囲気が異なる場所で会議を行うことによりマンネリにならない効果が期待されます。

(3) 18時以降はbarとしてアルコールも可となっており、社内でお酒を飲むことができます。夜に軽くお酒を飲みながらMTGをすることができます。いつもよりリラックスできることで、フランクな交流や面白いアイディアの創造が期待されます。

■企業/サービス概要
【ウォーターワン株式会社】
ウォーターワン株式会社( http://www.waterone.co.jp/)は、移動体通信事業・情報通信事業・介護福祉事業・テレマーケティング事業など多種多様な事業展開を通じて、今社会に求められているサービスを高品質かつタイムリーに提供することを目指しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング