600万突破!ハンズフリーで、安定感抜群!4K+広角の超軽量ウェアラブルVRカメラ「OmiCam」が国内No.1のクラウドファンディングサイトMakuakeで2018年8月31日販売開始!

DreamNews / 2018年9月13日 13時0分

写真

■OmiCamとは?

・これまでになかった超軽量「ウェアラブルVRカメラ」なので、常に身に着けてハンズフリーでビデオが撮影できる!

・長時間のビデオを自動編集し、SNSで共有しやすい長さの映像をワンタッチ作成

・SNSを利用して、VRモードで動画を共有することが可能

・240度広角で、4K高画質の撮影が可能

・傾いても画角を水平に保つ機能と手ブレ除去機能を備えているので、安定した映像を撮影可能

Makuake商品ページ
→  https://www.makuake.com/project/omicam/

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180804&id=bodyimage1

■他社カメラとの比較

OmiCamは、カメラ、安定性、およびビデオ編集が、1 つのパッケージとしてまとまっています。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180804&id=bodyimage2

■どのように機能するのですか?

OmiCamなら自由に選択できます。

単独のカメラとして使用することも、スマートフォンと一緒に使用することも。

あなたの編集ニーズに合わせてOmiCam専用ソフトをご利用頂けます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180804&id=bodyimage3

■製品概要
着用可能のVRカメラに必要な全要件を考慮して設計しました。
何があるか見てみましょう。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180804&id=bodyimage4

■メーカーについて
OmiCamは台湾生まれの革新的なテクノロジーイノベーション企業です。

現在、世の中には様々な便利な商品が開発されていますが、実は、山を歩いているリアルな感覚を動画として届けるのは、未だに困難なのです。

なので、登山家は自宅に帰ると登山日記を毎回パソコンで、その日に何があったか一個ずつ丁寧に手間をかけて作成しています。

この問題を解決するために、世界初の装着可能VRカメラを作成しました。

そうすることで、ハンズフリーを実現し、ライフログ機能を利用することで、最大で15時間撮影することを可能にしました。

OmiCamは目の前のすべてを撮影し、スムーズに旅行ビデオの日記を作成することが出来ます。

着用可能のVRカメラの構想には、数え切れないほどの時間とテストが行われました。

OmiCamが最高のVRカメラである事をご理解頂けると思います。

Makuake商品ページ
→  https://www.makuake.com/project/omicam/
募集期間:2018年8月31日から2018年10月31日まで
目標金額:30万円

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000180804&id=bodyimage5

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング