日本ポステック、容量3段階!速写性の高いミラーレス用カメラバッグ「Cross Sling」をクラウドファンディングサービス「Makuake」にて9月21日14:00プロジェクトスタート。

DreamNews / 2018年9月21日 14時0分

写真

日本ポステック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 清一)は、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、2018年9月21日(金)14:00より、容量3段階!速写性の高いミラーレス用カメラバッグ「Cross Sling(クロススリング)」の先行販売を開始いたします。


【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181558&id=bodyimage1

プロジェクトページ(Makuake): https://www.makuake.com/project/cross-sling/
プロジェクトページは2018年9月21日14時から公開されます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181558&id=bodyimage2

■カメラバッグが定まらないあなたに!
Cross Slingは、携帯性の高さ、撮影道具が全部入る容量、カメラの取り出しやすさ、保護力、デザイン性それらすべてを兼ね備えたカメラバッグです。

今まで数々のカメラバッグを使ってきたけど、どれもしっくりこなかった・・・そんなカメラユーザーにこそ使っていただきたい製品に仕上がっています。

■必要な機材をコンパクトに収納
Cross Slingはカメラをはじめ、ガジェット類を快適に持ち歩けるよう設計されています。その最大の特徴が格子状のネットによって中身をキープするワイヤーシステムです。

上下にあるループへのネットの掛け方次第で、大きなものから小物まで、しっかりと固定できます。
カメラレンズやSDカードを安全に持ち歩けます。

■三脚を固定できるホルダー付き
撮影時の荷物で悩ましいのが三脚です。かさばるのでバッグの納めにくく、手で持ち歩くには不便。
Cross Slingは本体下部に三脚を固定できるストラップホルダーが付属しています。三脚以外にも折り畳み傘やペットボトルなど、カバンの中に入れたくない濡れるものも固定できます。

■大きな開口部で速写に強い
カメラをさっと取り出せるアクセスの良さもカメラバッグには大切なポイント。Cross Slingは前面フラップが180度フラットに開き、カメラの素早い出し入れが可能です。

■容量が3段階に調節できる
Cross Slingの最も特徴的な機能が容量の調整です。本体下部を伸ばすことができ、3L~最大9Lまで拡張できます。
最大サイズ時は13インチのラップトップPCが入る大容量です。

■複数の小分けポケットで整理収納
Cross Slingは内側・外側共に複数のポケットがあります。
フラップのおもて面にある ポケットはキーホルダー付きのマグネットロック仕様。取り出しやすく開け閉めしやすくなっており、使い勝手が良いです。
サイドにはイヤホンなどを入れるのに最適な薄型ポケット、内側にはメッシュポケットとジッパーポケットがそれぞれ設けてあり、小物がバラバラにならず、整理収納できます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181558&id=bodyimage3

■防水防塵仕様でカメラを守る
メタルグレイモデルは600Dポリエステル、ステルスブラックモデルは400Dナイロンをそれぞれ使用しています。どちらも強度や耐摩耗性、耐候性が高くとても丈夫です。耐水性もあるため、多少の雨に降られても問題ありません。ジッパーも防水タイプを使用しているので、安心してカメラを持ち歩けます。

■5通りの持ち歩き方
Cross Slingは好みに合わせて5通りの持ち方ができます。
ウェストバッグ、スリングバッグ、肩掛けなど好みやファッションに合わせて使い分けてください。

■カメラバッグ以外にも様々なシーンで活躍
コンパクトなボディに様々な機能を持ったCross Slingはアイデア次第で使いこなし無限大。趣味やライフスタイルが変わっても長くご愛用いただけます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181558&id=bodyimage4

■製品仕様
色 上メタルグレイ/ 下ステルスブラック
重さ 640g
大きさ (5Lモード): 33cm x 12cm x 22cm、 (9Lモード): 33cm x 12cm x 29cm
素材 メタルグレイ: 600Dポリエステル(本体部)、PVC(底部) ステルスブラック: 400Dナイロン(本体部)、PVC(底部)

■開発メーカーについて
Cross Slingを開発したCYCOPはアメリカ・カリフォルニア州を拠点とする都市部に住む人のための日常的に使うツールを開発・提供するメーカーです。ミニマムで洗練されたデザインの中に使いやすい機能を詰め込んだ製品を多数発表しています。
Cross Slingは海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にてすでにプロジェクト達成をしている製品です。
プロジェクトページ(Makuake): https://www.makuake.com/project/cross-sling/
プロジェクトページは2018年9月21日14時から公開されます。

■販売店募集
弊社では各製品を販売して下さる小売店様・EC事業社様を募集しています。当社製品にご興味ございましたらぜひ下記URLよりご登録ください。
http://b2b.pos-tec.jp/

【日本ポステック(JPT)とは】
JPTガジェット(日本ポステック株式会社)は、日本未上陸の製品を中心とした新しくて面白い「モノ」の提供を使命としています。

無難な日常に退屈している貴方へ。同じようなモノにうんざりしている貴方へ。「無難」であるとか「みんなと同じ」であるとか、そんなのが大嫌いな人々へ贈る、アンチモノトーンガジェット『milkuty(ミルクティー)』,より良い生活を追い求めるライフハッカーたちに贈る、「時間」や「空間」に余裕を作り出すライフハックガジェット『MORO(モーロー)』の2つのコンセプトブランドでオリジナル商品も展開しています。

【本件に関するお問い合わせ】

日本ポステック株式会社
担当    :山本
電話    :03-5354-5840(代表)
メールアドレス    :jpt-seihinbu@pos-tec.jp
URL    : http://seihinbu.pos-tec.jp/
ダイレクトショップ   : http://store.shopping.yahoo.co.jp/jpt-teds/
Facebookはこちら : https://www.facebook.com/jpt.seihinbu
Twitter : https://twitter.com/jpt_seihinbu

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000181558&id=bodyimage5

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング