はやしハムのスモークナンバーベーコン、川越まつりでグリルカットベーコンを限定提供

DreamNews / 2018年10月19日 18時0分

写真

はやしハム株式会社(所在地:東京都文京区千石2丁目28番7号、代表取締役:林 健一郎、以下 はやしハム)は、2018年10月20日(土)、21日(日)の2日間、埼玉県川越市で開催される「川越まつり」の期間中、川越市産業観光館 小江戸蔵里にて初出店し、「SMOKE NUMBER BACON(スモークナンバーベーコン)」の限定メニューを提供いたします。

蔵里限定販売中のSMOKE NUMBER BACONをグリルで提供
創業60年のはやしハムが今年初めて展開した、オリジナルブランド林印の「SMOKE NUMBER BACON」。燻製のレベルを三段階で展開し、異なる燻製の仕様により、それぞれに肉の旨味を引き出した商品で、2018年7月より蔵里にて限定販売を開始いたしました。今年の川越まつりの開催では、蔵里のイベントブースに出店し、「SMOKE NUMBER BACON」を使用した限定メニューとして、熱々のグリルで焼き上げたカットベーコンを提供いたします。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183252&id=bodyimage1

林印のSMOKE NUMBER BACONについて
1950年創業のはやしハムは「良質で美味しいお肉は、食卓を彩り、笑顔を紡ぐ。」という一貫した想いのもと、確かな品質と味へのこだわりを追求しています。2018年にプライベートブランド「林印」をスタート。燻製レベル別に展開するベーコン「SMOKE NUMBER BACON」シリーズをリリースいたしました。熟練の職人たちの管理のもと、独自の燻製法を用い、燻製レベルごとに異なる美味しさを持つ、最高のスモークベーコンをお届けします。

No.1 LIGHT / ライトスモーク
長時間低温熟製法によって、肉本来の旨味と食感を最大限に引き出し、軽めの燻製に仕上げたスモークベーコン。ベーコンレタスサンドやサラダなどにおすすめです。 (スライス / 内容量 90g)

No.2 MEDIUM / ミディアムスモーク
じっくりと丁寧にミディアムレベルまで燻煙。長時間低温熟製法で肉の旨味はそのままに、しっかりと香る燻製香が特徴。カルボナーラやベーコンエッグにおすすめです。(スライス / 内容量 90g)

No.3 HARD / ハードスモーク
独自の超熟製法で通常の何倍もの時間をかけ燻煙したスモークナンバーの最骨頂。閉じ込められた肉の旨味、燻製の芳醇な香りを味わう逸品。ベーコンステーキにおすすめです。(スライス / 内容量 90g)

*本商品に含まれているアレルギー物質 : 乳成分 / 豚肉

はやしハムについて
1950年に文京区千石にて精肉店豊田屋として創業したはやしハムは、「良質で美味しいお肉は、食卓を彩り、笑顔を紡ぐ。」という一貫した想いとともに現代まで引き継がれてきました。様々な食材が手軽に手に入る時代となった今、はやしハムは、確かな品質、味へのこだわり、この2つを追求し、毎日の "美味しい" を食卓へ届け、事業を通じて社会全体を笑顔にするスマイルファクトリーであり続けます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183252&id=bodyimage3

川越市産業観光館 小江戸蔵里
小江戸蔵里は市民と観光客との交流、地域の活性化を図るとともに、川越市の物産等を楽しんでいただく新しい名所として平成22年10月に誕生しました。施設は明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造の建築物を、当時の面影を残しつつ改修した施設で、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、ききざけ処(昭和蔵)の3つの蔵と、つどい処(展示蔵)があります。
https://www.machikawa.co.jp

川越まつり概要
蔵造りの街並みで知られる川越で、毎年10月の第3土曜・日曜の2日間に行われる川越まつりは、370年もの間続く貴重な都市型祭礼です。2017年は2日間で730,000人もの人出を記録しました。2005年、川越氷川祭の山車行事として国の重要無形民俗文化財に指定、2016年にはユネスコ無形文化遺産に登録されています。

開催日時:2018年10月20日(土)~21日(日)
開催場所:埼玉県川越市内
https://www.kawagoematsuri.jp

会社概要
企業名:はやしハム株式会社
設立:1950年4月
代表者:代表取締役 林 健一郎
所在地:東京都文京区千石2丁目28番7号
http://www.hayashiham.co.jp

本件に関するお問い合わせ先
はやしハム 広報:二宮
メール:pr.presscontact@gmail.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング