「遊びたい」より「休みたい」!?2019年ゴールデンウィークに関するアンケート調査

DreamNews / 2019年4月5日 18時0分

写真

株式会社エールデザイン(所在地:東京都品川区)は、女性の“美”をテーマにビューティーに関する情報を集めた地域型美容情報ポータルサイト「東京ビューティー」にて、「ゴールデンウィークに関するアンケート調査」を実施しました。
URL: https://tokyo-beauty.jp/lifestyle/gw2019/

【調査概要】
調査期間 :2018年3月6日~3月31日
調査方法 :インターネット調査
調査対象 :全国10~80代 男女
有効回答数:185名(女性146名、男性39名)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000192347&id=bodyimage1

第1位は「自宅で過ごす」。第2位「近場に外出する」と合わせて考えると、遠出せずにゆっくり過ごしたい方が多いようです。
旅行に出かける方は全体からすると少数派という結果になりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000192347&id=bodyimage2

最も多かったのが「ゆっくり休める」。「遊びに行ける」の回答も多く、反面「家事に時間が割ける」や「仕事や勉学に集中できる」が少ないことから、好きなことをしてリフレッシュしたいという意見が多く感じられます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000192347&id=bodyimage3

「1万円未満」が最も多く、お金はあまりかけずに過ごす傾向が明らかに。
金額が上がるにつれ割合が減っていきますが、中には「20万円以上」かけるというケースも。

-------------------------------------------------------------
◆過去のゴールデンウィークで特に楽しかった思い出は?
-------------------------------------------------------------
「グアムに海外旅行したのを思い出します!(30代女性)」
「昔、家族で潮干狩りに行った思い出です。(20代女性)」
など旅行の思い出が多く、
「小学校の同級生を集めてのプチ同窓会。(20代男性)」
「友人や友人の子供ら20名弱で日帰り和歌山旅行が特に思い出に残ってるゴールデンウィークです。(30代女性)」
など、普段はなかなか会えない友人や家族とのコミュニケーションを楽しんだ思い出も多数上がりました。



配信元企業:株式会社エールデザイン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング