プラス、仕事場インテリアショップ「Garage(ガラージ)」で 組織のメンタルヘルス診断ツール「ラフールサーベイ」の取り扱いを開始 ― モノからコトへ、サービスの提供を拡大 ―

DreamNews / 2019年5月23日 14時0分

写真

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000194859&id=bodyimage1


プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉公二)は、仕事場インテリアショップ「Garage(ガラージ)」( https://garage.plus.co.jp/)で、メンタルヘルステック事業を手掛ける株式会社ラフール(東京都中央区 代表取締役社長 結城啓太)の販売代理店として、同社が開発・提供する、組織のメンタルヘルス診断ツール「ラフールサーベイ」( https://survey.lafool.jp/)の販売を2019年6月3日(月)から開始します。

「ラフールサーベイ」は、組織のメンタルヘルスを診断するためのツールです。特長は、約3,000社の従業員18万人以上のメンタルヘルスデータをベースに、大学や臨床心理士の知見を取り入れた独自の調査項目を一般的なストレスチェックに加えている点。心身の健康状態だけでなく、組織エンゲージメント・衛生環境・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断で、組織課題の多角的な解析をサポートしています。

ガラージでは、快適な仕事場づくりの一環として、この「ラフールサーベイ」に着目。近年、企業経営における「働き方改革」のキーワードとして健康経営が注目されているところから、ガラージをご利用の中小規模企業、スタートアップ企業の皆様に、ワンストップで手軽に利用していただける健康管理ツールを提案してまいります。

「ガラージ」は今後も、これまでのオフィスファニチャー(「モノ」)だけでなく、サービス面での「コト」を積極的にご提供し、お客様の楽しい仕事場づくりと健康経営をサポートしてまいります。

「第7回HR EXPO」 ラフールブースにて紹介
2019年5月29日(水)から5月31日(金)に開催される「第7回HR EXPO」のラフールブースにて「ガラージ」との取り組みを紹介します。
【出展概要】
・名称:第7回 HR EXPO
・会期:2019年5月29日(水)~31日(金)
・会場:東京ビッグサイト 西展示棟/青海展示棟
・主催:リード エグジビション ジャパン
・ラフール出展ブース位置:ピープルアナリティクス ゾーン A7-46
・URL: https://www.hr-expo.jp/ja-jp.html

「Garage(ガラージ)」とは
ガラージは、「楽しい仕事場(R)」をテーマにしたデスク、チェア、収納家具、インテリア雑貨を提供する、プラスのファニチャーブランドです。1999年の事業開始以来、オフィス家具の機能性と耐久性や家庭で使えるデザイン性を備えた製品、パーツやオプションを自由に選べるオーダーシステムなどが多くのお客様に高い支持をいただいています。家庭、オフィス、店舗等で幅広くご利用いただけるオリジナル品を中心に、約2,500アイテム以上を取り揃えています。

本サービス販売開始の背景
2015 年 12 月に継続雇用するアルバイトやパート社員を含む労働者を常時 50 名以上かかえる事業場は、年 1 回のストレスチェックが義務化されました。しかし、義務化後も労災認定は増加の一途をたどっており、ストレスチェックを義務付けられていない50名未満の組織ではまだまだ対応が遅れているといわれています。

*本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。



<お問い合わせ先>

(報道関係)
プラス株式会社 コーポレート本部 広報・宣伝室 藤原
〒105-0001 港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズオフィス12F
TEL:03-5860-7012  FAX:03-5860-7070
広報事務局  TEL:03-5251-4779  FAX:03-3504-8651

(お客様)
ガラージお客様センター   TEL:0120-331-753



配信元企業:プラス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング