イージーソフト 経費精算システム「eKeihi X」新バージョンをリリース、経費精算システムとして日本初となる「Amazon ビジネス」連携機能、AI搭載OCRによる領収書読み取り機能などを提供

DreamNews / 2019年6月4日 13時0分

写真

経費精算システムのパイオニアであるイージーソフト株式会社(神奈川県相模原市中央区、代表取締役:山本覇利努)は、2019年6月3日、560,000ユーザーを超える導入実績を誇る経費精算システム「eKeihi X(イーケイヒ エックス) 」の最新版であるVer.4をリリースしました。

今回のバージョンアップでは、経費精算システムとしては日本初となる、Amazonが提供する法人・個人事業主向け購買専用サイト「Amazon ビジネス」とのシステム連携や、AI搭載OCRによる領収書読み取り機能などを提供します。

■「Amazon ビジネス」とのシステム連携
一般的に、企業や団体などにて商品購買を行う場合、商品の選定→社内申請→購買といったプロセスが必要となりますが、社内申請中に選定した商品が欠品したり、また価格が変動したりと、さまざまな問題が発生することがあります。

この度、経費精算システム「eKeihi」が「Amazon ビジネス」とシステム連携することで、「Amazon ビジネス」で商品を選定し、カートに入れた時点で、「eKeihi」の経費申請書が自動起票され、社内申請プロセスがスタートします。
社内申請が開始してから一定期間、商品選定時の販売価格で購買希望商品の在庫が確保され、「eKeihi」での申請完了と同時に、自動的に本発注を行うことができるため、こうした商品購買の問題点を解決することができます。

さらに、数億種類の品揃え、一部商品での法人価格や数量割引の適用に加え、請求書払いなどの機能を取り揃えた「Amazon ビジネス」に企業購買活動を集約することで、業務で必要な商品をオンラインで効率よく購入し、受け取ることができます。また、「Amazon ビジネス」では新規購買先からの調達における特別な手続きは不要で、購買先の統合や請求書払いにより、支払い処理業務の負担が軽減されるほか、購買分析・レポート機能で購買活動を可視化できるため、購買業務全体のプロセスの効率化につながります。なお、「Amazonビジネス」のビジネスアカウントは無料でご登録いただけます。

eKeihi X Ver.4では、この「Amazon ビジネス」とのシステム連携を、追加料金不要の標準機能として提供します。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000195561&id=bodyimage1



■日本語の読み取り能力が高い、AI搭載OCRによる領収書読み取り機能
タクシー代などの領収書精算に威力を発揮し、更なる効率化を実現する、OCR(光学的文字認識)機能を、追加料金不要の標準機能として提供します。
今回実装されたOCR機能は、従来のOCR機能が苦手とした日本語の読み取りを、AI技術でカバーすることで、高い読み取り精度を実現しました。
このOCR機能により、領収書の精算業務を極限まで効率化することができ、忙しいビジネスパーソンの業務効率化を支援します。

■その他の機能強化点
・スマートフォンアプリにて、プッシュ通知に対応しました。
・振替伝票オプションに、ExcelやCSVで作成したデータの取込機能を追加しました。

■「eKeihi」について
「eKeihi」は、販売開始よりまもなく20年を迎える、コストパフォーマンスに優れた、経費精算特化型システムのパイオニアです。クラウド版とパッケージ(オンプレミス)版の両方を提供しており、自社に合ったサービス環境を選ぶことができます。
これまでに、560,000ユーザー/2,200社超の導入実績を有します。
製品情報: https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/
導入実績: https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/jisseki/

■イージーソフトについて( https://www.ezsoft.co.jp/company/
イージーソフト株式会社は、2000年7月の設立以来、「誰にでも簡単に使えるソフト」「先端の技術を駆使したソフト」「コストパフォーマンスに優れたソフト」「お客様に満足してもらえるソフト」の提供を会社のビジョンとして、数多くのお客様とパートナー様に支えられながら、IT社会の進展に力を注いで参りました。
当社はこれからも、IT社会に必要不可欠な企業を目指してお客様を第一に考え、お客様の発展に寄与し、自己革新を通じて、継続的に新しい価値を創出する企業に、進化し続けます。

※AmazonおよびAmazonビジネスは、Amazon.com, Inc.およびその関連会社の商標です。



配信元企業:イージーソフト株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング