手間いらず、ベアラックスの高付加価値型観光市場向け BtoBポータル「Bear Luxe Japan」と連携を開始

DreamNews / 2019年6月10日 13時0分

手間いらず株式会社が提供する、複数のオンライン宿泊予約サイトを一元管理できる『TEMAIRAZU』シリーズ( https://www.temairazu.com/)は、ベアラックス株式会社が運営する、高付加価値型観光市場向けに特化したBtoB型の旅行予約・決済ポータル「Bear Luxe Japan」( https://www.bearluxejapan.com/)と、2019年6月10日から連携を開始いたします。

「Bear Luxe Japan」 は、日本全国から厳選された、付加価値の高いサービスを提供する観光サービス事業者(サプライヤー)と、それらのサービスを求める富裕層旅行者を顧客として持つ国内外のバイヤーが、組織ネットワークとして繋がり、サービスの予約・決済を行えるプラットフォームを提供する会員制組織です。

「Bear Luxe Japan」には、日本を代表する旅館・小規模高級ホテルを含む高級宿泊施設のほか、ヘリコプター、ハイヤーなど交通手段や買い物などを提供する幅広いサプライヤーが加盟しています。またバイヤーとしては、日本への送客実績を持つコンシェルジュサービスや富裕層旅行を専門に扱う旅行会社、トラベルデザイナーなど、ワンランク上の旅行コンサルティングに定評がある有力プレーヤーが加盟しています。 バイヤーはサプライヤーへの予約から決済、送客手数料の精算まで、「Bear Luxe Japan」上にてワンストップで行う事が可能です。

今回のシステム連携により、『TEMAIRAZU』シリーズを導入している宿泊施設は、また一つ販売チャネルの選択肢が増えることになります。販売機会の増加による施設稼働率の向上が図れ、従来通りの一元管理で在庫管理や料金管理などの管理コストを抑えることが可能です。

■ 『TEMAIRAZU』シリーズシステム概要
『TEMAIRAZU』シリーズは、国内宿泊施設向けに複数の宿泊予約サイトの一元管理を行う基本機能と、予約情報の高速取得やイールドマネジメント機能等を備えたASPシステムです。宿泊施設は、『TEMAIRAZU』シリーズを利用することで、一括で在庫と料金のコントロールができ、収益を上げ、コスト削減が可能となり、利益の最大化が実現できます。

<対応可能予約サイト及び自社予約システム>
▼ 国内宿泊予約サイト
楽天トラベル、じゃらん.net、るるぶトラベル、一休.com、マイナビトラベル、JALパック、ANA、Relux等
▼ 海外宿泊予約サイト及び、ホールセラー、他
Booking.com、agoda、Expedia、Ctrip、Hostelworld、自在客、HotelsCombined、 AsiaYo、TripAdvisor、hotelbeds、Airbnb、DOTW、DidaTravel、Shiji Distribution Solution 等
▼ 自社ホームページ用宿泊予約システム
ダイレクトイン、予約プロ、OPTIMA、FastBooking、予約番、Globekey 等

【ベアラックス株式会社の概要】
(1)商号     ベアラックス株式会社
(2)事業内容   高付加価値型観光サービス予約・決済ポータル「Bear Luxe Japan」の開発及び運営
          観光業界に特化したマーケティング・コンサルティングサービスの提供
          旅行サービス手配業の提供
(3)本社所在地  東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 9F EGG JAPAN
(4)代表者名   代表取締役兼CEO 上住 友起
          代表取締役兼COO 宮武 宏征

【手間いらず株式会社の概要】
(1)商号     手間いらず株式会社(東証マザーズ : 2477)
(2)事業内容   宿泊施設向け予約管理サービスの提供
          情報の比較及び集約サービスの提供
(3)本社所在地  東京都渋谷区恵比寿1-21-3 恵比寿NRビル7F
(4)代表者名   代表取締役 渡邉 哲男
(5)資本金    711百万円
(6)主なサービス 予約サイトコントローラー『TEMAIRAZU』シリーズ
          ( https://www.temairazu.com/
          比較サイト『比較.com』( https://www.hikaku.com/

【本件に関するお問い合わせ】
手間いらず株式会社 経営企画室
TEL:03-5447-6690  FAX:03-5447-0595
e-mail:pr@temairazu.com



配信元企業:手間いらず株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング