第7世代 インテル(R) Core(TM) i7プロセッサ搭載で、従来製品比3倍以上(*1)の処理能力に 高性能「パネルコンピュータ XPT-T1000シリーズ」新発売

DreamNews / 2019年7月30日 11時0分

写真

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639、以下コンテック) は、第7世代 インテル(R) Core(TM) i7 プロセッサ (Kaby Lake U) を搭載した高性能タッチパネルPCを開発、「パネルコンピュータ XPT-T1000シリーズ」として2019年7月30日より受注を開始しました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198779&id=bodyimage1

【 製品情報 】
モデル:XPT-T1000LX
LCD/タッチパネル:12.1-inch XGA/5線式抵抗膜
プロセッサ/メモリ:Core i7-7600U/8GB
ストレージ (選択式):なし / 256GB SSD(MLC) / 256GB SSD(MLC) ×2 RAID / 100GB HDD / 100GB HDD ×2 RAID
OS (選択式):なし / Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)

モデル:XPT-T1000HX
LCD/タッチパネル:15-inch XGA/5線式抵抗膜
プロセッサ/メモリ:Core i7-7600U/8GB
ストレージ (選択式):なし / 256GB SSD(MLC) / 256GB SSD(MLC) ×2 RAID / 100GB HDD / 100GB HDD ×2 RAID
OS (選択式):なし / Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC 64-bit (日本語/英語/中国語/韓国語)


 新製品「パネルコンピュータ XPT-T1000シリーズ (以下、XPT-T1000) 」は、インテル Core i7プロセッサを搭載したパネルマウントタイプの産業用タッチパネルPCです。従来製品比3倍以上の処理能力を持つ高性能プロセッサを搭載しながらファンレス(完全自然空冷)を実現しています。
 タッチパネルLCDは、12.1と15-inchを用意しており、5線式抵抗膜方式のタッチパネルの採用により高い耐久性を保持しています。デュアルLAN・USB3.0・DisplayPort・DVI-D・RS-232Cなど多彩なインターフェイスおよびスロットイン方式の2.5インチSATAディスクスロットを搭載しています。また、当社パネルコンピュータPT-956Sシリーズ(発売中)とパネル取付け寸法互換となっております。
 XPT-T1000は、ディスプレイ、ストレージ、RAID、OSなどを自由に選択できるBTO (注文後組み立て) 方式 を採用、用途や予算に合わせて最適なスペックで製品をお選びいただけます。


【 主な特長 】
● 第7世代Core i7プロセッサ採用
従来製品比3倍以上の処理能力を持つCore i7-7600Uを搭載し、省電力でありながら高い演算・描画能力を実現しています。CPUはEmbeddedタイプの採用により、安定供給を可能にしています。

● 保守点検業務を軽減するファンレス設計
CPUファンを廃したスピンドルレス設計です。ファンによるホコリや異物の侵入を心配する必要がなく、経年劣化する部品の使用を極力抑えた設計と合わせて保守点検業務の負担を大幅に軽減します。

● 耐久性に優れた5線式抵抗膜タッチパネルを採用
耐久性に優れた5線式抵抗膜タッチパネルを採用しています。動作寿命は3600万回(*2)と長寿命です。

● 周辺機器を自在に拡張する豊富なインターフェイス
DVI-D×1、DisplayPort×1、1000BASE-T×2、USB3.0×4、USB2.0×2、シリアル(RS-232C)×2などの拡張インターフェイスを搭載しています。スロットイン方式の2.5インチSATAディスクスロットを2スロット搭載しています。

● 10.8 - 31.2VDCのワイドレンジ電源に対応
10.8 - 31.2VDCのワイドレンジ電源に対応しており、さまざまな電源環境で使用可能です。別売のACアダプタにより100 - 240VACの電源環境でも使用できます。

● 組み込み用途に必要な安心設計
Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSCプリインストールタイプでは、OSのライトフィルタ機能(*3)を使用することが可能です。ライトフィルタ機能で記憶装置への不要な書き込みを禁止することができます。


*1 パネルコンピュータ PT-956Sシリーズと本製品の採用プロセッサのCPUベンチスコア(PassMark)の差異を表しています。
*2 荷重300g、スピード2回/秒、機械打鍵による数値です。
*3 Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSCは、UWF(Unified Write Filter)機能を持ち、ディスクへの書き込みをRAMなどにリダイレクトして、実際のディスクへの書き込みを抑止して保護する機能です。


【関連情報】
・製品情報(XPT-T1000LX): https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/embedded-computers/panel-pc/XPT-T1000LX/price/?ref=pressdn
・製品情報(XPT-T1000HX): https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/embedded-computers/panel-pc/xpt-t1000hx/price/?ref=pressdn
・EPC 組み込み用コンピュータ: https://www.contec.com/jp/products-services/edge-computing/embedded-computers/?ref=pressdn
・パネルコンピュータのラインアップ: https://www.contec.com/jp/products-services/search/?target=1&query=&eol=0&c3=779368ff-89de-40a3-a076-739a6a2d304b&type=c0171e62-43b5-43bd-b8cb-c691bbc1c38d&count=10&start=0〈=jp



株式会社コンテック (CONTEC CO., LTD.) 会社概要
社名    株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード:6639)
所在地   大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 代表取締役社長 井狩 彰
社員数   603名(グループ計)
資本金   11億1,960万円
URL   https://www.contec.com/

1975年4月設立。産業用機器の総合メーカーとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。
パーソナルコンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、最先端の製品を次々と開発。
この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギー、医療、鉄道・交通機関、デジタルサイネージ、IoTソリューションなどの新分野にも進出。
独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。


【お問い合わせ先】
■ 報道関係者様 お問い合わせ先
販売促進グループ
〒108-0023 東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
E-mail: promote@jp.contec.com

■ Webプレスリリース版
https://www.contec.com/jp/news/2019/2019073000/?ref=pressdn

■お客様 お問い合わせ先
総合インフォメーション
TEL: 050-3786-7861(ダイヤルイン)
E-mail: tsc@jp.contec.com


※ 会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社所在地の記載をお願いします。
※ 本発表資料の記載情報は発表日現在の情報です。
ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合がありますのであらかじめご了承ください。



配信元企業:株式会社コンテック
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング