動画配信の速度・安定性が劇的に改善。レゾナント・ソリューションズが LMS 導入支援サービスに「リンク ベアメタルクラウド」を採用

DreamNews / 2019年7月31日 10時0分

株式会社リンク (本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田 元治) は、本日、レゾナント・ソリューションズ株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役:首藤 完治、以下:レゾナント・ソリューションズ)において、物理サーバがクラウドのように使える「リンク ベアメタルクラウド」が採用された事例を公開します。

リンク ベアメタルクラウドは、クラウドサービスが持つ「スピード感」や「手軽さ」と、物理サーバの「高性能」かつ「安定性」といったメリットを併せ持つサーバサービスです。スピードが必要な Web サービスから品質を重視するエンタープライズまで、幅広い用途に適しています。経験豊富なスタッフによる課題解決の提案や、電話・メールでの 24/365 サポートを標準サービスとして提供しており、導入検討の段階から導入後のフォローまで手厚いサポートを行っています。

リンク ベアメタルクラウドを採用したレゾナント・ソリューションズは、Moodle やCanvas などのオープンソースを利用したクラウド型 LMS(Learning Management System:授業・学習支援システム)の導入支援サービスを展開しています。大学などの教育機関のほか、製品・サービスの内容についての理解をサポートする用途で一般の企業でも利用されており、幅広い地域・言語に対応可能であることなど競合サービスにはない強みを持っています。

■ 導入前の課題
以前利用していた他社のクラウドサーバでは、授業や商品説明のための動画配信をする際、アクセスが集中すると通信回線の帯域が十分に確保できず、速度や安定性にばらつきが生じていました。帯域を確保するにあたりストリーミング配信の利用も試みましたが、期待した効果は得られませんでした。

■ 導入後の効果
回線の速度や安定性に加え、コントロールパネルの操作性・24/365 のサポート・セキュリティ機能などが決め手となり、リンク ベアメタルクラウドを採用しました。

通信回線の帯域を十分に確保できたことで、安定した動画配信ができるようになりました。また、データベースとの連携がしやすく、豊富なオプションを利用することもできるため、LMS を導入する教育機関や企業に幅広い提案が行えるようになりました。

リンク ベアメタルクラウドは、今後も「ユーザ企業のリクエストに応えるための技術を積極的に採用し、サーバ運用の効率化に貢献するインフラサービス」として、マシンのラインアップ拡充やセキュリティをはじめとした、さまざまな機能を提供してまいります。

■ 本導入事例の詳細
レゾナント・ソリューションズ 導入事例サイト  https://baremetal.jp/case/case07.html
導入事例一覧サイト  https://baremetal.jp/case/

■ レゾナント・ソリューションズ株式会社 概要
設立:平成18年1月
代表者:代表取締役 首藤完治
本社所在地:大分県大分市中鶴崎1-1-6 NTT 西日本鶴崎ビル本館 1F
事業内容:
・ LMS ソリューション(パッケージ、クラウド)提供
 「オープン LMS」マルチテナント、ストリーミング Next、動画研修
・ LMS ソリューション(SI)提供
  Moodle 導入・カスタマイズ、企業・多組織対応 LMS 導入、Canvas LMS オープンソース導入
・ LMS連携サービス(Webinar、Mahara)
 リアルタイム学修(学習)分析「インテリボード.net」サービス
URL: https://www.resonant-sol.jp

株式会社リンクについて
株式会社リンクは、業界最大級の稼動台数を持つ専用ホスティングを軸として、クラウド型ホスティングやクラウド型テレフォニーサービス、セキュリティプラットフォームサービスなど、さまざまなインターネット関連サービスを提供しています。農系事業にも取り組んでおり、2011年 10月からは岩手県岩泉町にある自然放牧酪農場「なかほら牧場」を運営しています。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社リンク マーケティング部 担当:小川
TEL:03-5785-2255 / FAX:03-5785-2277 / Email:marketing@link.co.jp



配信元企業:株式会社リンク
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング