株式会社アクティビティジャパン『2019年 夏 子供向けアクティビティランキング最新版』を発表

DreamNews / 2019年8月15日 18時0分

写真

アクティビティジャパンでは2019年8月12日(月)迄の最新予約データを元に、2019年 夏 子供向けアクティビティの人気ランキングを発表します。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199889&id=bodyimage1

「山の日」を含む8月三連休が明け、いよいよ夏休みも終盤に差し掛かっておりますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。まだ、ハワイやグアムなどの海外リゾートへお出かけ中の方、お盆休みで帰省されている方も多くいらっしゃるとは思いますが、そろそろお子様の宿題の進捗状況や新学期への準備が気になり始める時期でもあるのではないでしょうか。
「夏休み」は7月下旬から8月の終わり頃までの長期休暇を称しますが、日本の小学校・中学校・高等学校の夏休み期間は全国一律ではなく、日数は原則として学校を管轄する市町村の教育委員会により定められています。例えば、北海道や東北、北陸などの寒冷多雪地域では、冬に寒中休みを実施している学校は夏休みが短かったりと地域や、その土地の気候などによっても異なりますが、2002年に始まった週5日制や「ゆとり教育」により授業時間の確保に迫られたり、2011年以降は「脱ゆとり教育」により更なる授業時間の確保が求められたりと、全体的に夏休みを短縮する学校が増えているようです。
この期間の休みは、かつて商家などに住み込みで奉公していた方が実家へと帰ることのできた休日を起としているそうで、その当時は、校舎などに冷房設備がない場合が多かったために暑い時期の授業が困難であったことに加え、自営業者や農家などの家庭において、家業の手伝いをすることや、盆の行事の参加することを目的としていました。現代では、教育的要素も重要視され、臨海学校や林間学校、ボランティア活動といった課外活動の実施、英語を学ぶための海外への短期留学など、日常生活では難しい作業や活動を行い、普段の学校生活では体験することができないことへの児童、生徒の「挑戦」と、それに伴う教育的効果が主たる目的となっています。
特に小学生がこの時期に頭を悩ませることと言えば、夏休み期間中の日記や自由研究、工作ですが、今年の課題はもう出来あがっていますでしょうか?「今から急ピッチでやる!」「まだ何をするか決まってない!」という方は必見です。今回は、アクティビティジャパン2019年 夏 子供向けアクティビティ人気ランキングと各地のおすすめショップをご紹介してまいります。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000199889&id=bodyimage2

●第1位:沖縄県 名護・本部・瀬底島
沖縄県 名護・本部・瀬底島 プラン一覧
https://activityjapan.com/search/flyboard/okinawa/okinawa/342/
名護市の中心市街は名護湾に臨み、背後にはマングローブ林やジュゴンの見える丘、樹齢300年のヒンプンガジュマルなど絶景ポイントを含む古生層の山地がそびえる自然豊かな場所に位置します。沖縄で「やんばる」と称されるエリアであり、自然体験の他、沖縄美ら海水族館、海洋博公園、マナティ館瀬、ブセナ海中公園といった人気観光施設や、瀬底ビーチ、水納島、古宇利島などのマリンスポットも点在し、1年を通じて多くの観光客が訪れる人気スポットです。

<「名護・本部・瀬底島」のおすすめ事業者>
・どきどきヤンバルンチャー( https://activityjapan.com/publish/plan_list/2004
名護市内から約7分、恩納村や那覇に宿泊した場合も美ら海水族館と沖縄北部への移動途中に参加ができる好立地です。自然体験型観光施設「どきどきヤンバルンチャー」では、沖縄の自然の魅力を体感できるアクティビティをご用意しています。四輪バギー体験では、施設内の私有地コースを走るので、日本の免許を持っていない海外からの旅行者にも人気です。1台に1名が乗車し、自分でバギーを運転しオフロードや森林コースを走る爽快感は格別です。お子様(4才~10才)は大人と一緒に乗車することが出来るので、ご家族旅行で高い支持を受ける超人気ツアーです。人気がゆえ、予約が取りづらいので、ご予約はお早めに。

●第2位:神奈川県 横浜
神奈川県 横浜 プラン一覧
https://activityjapan.com/search/kanto/kanagawa/103/
1859 年に外国貿易のために日本で最初に開かれた港のひとつである横浜は、新旧文化が交わる日本屈指の観光都市です。横浜中華街をはじめ、三溪園や横浜公園に代表される様々な時代の庭園、高さ296 m のランドマークタワーがそびえる「みなとみらい地区」など、見所満載のスポットです。横浜市内では「ハーバリウム」体験や「アクセサリー作り」など、女性やお子様に人気の「もの作り」体験から、少し離れた金沢八景付近の港では、地元漁師が開催している「海釣り・船釣り」体験が好評です。都心から日帰りできるので、特に週末や祝日には多くの家族連れで賑わいます。

<「横浜」のおすすめ事業者>
・鴨下丸(Kamoshita-maru)( https://activityjapan.com/publish/plan/10089
JR根岸駅から徒歩約10分にショップを構え、釣り場も店舗からほど近い好立地。午前、午後の1日2回、「海釣り・船釣り」体験を開催しています。軽くて扱いやすい仕掛けで日本人にも馴染みのあるアジを狙います。なんと「女性・小中学生は代金が半額」の嬉しいサービス付き。釣った魚を観察したり、持ち帰ってみんなで食べたり。ぜひご家族皆様で参加してみてはいかがでしょうか。

●第3位:東京都 新宿・代々木
東京都 新宿・代々木 プラン一覧
https://activityjapan.com/search/kanto/kanagawa/103/
1日の平均乗降者数が約400万人、2011年にはギネスにも認定され、言わずと知れたメガターミナル「新宿駅」を基点とするこのエリアは、都会の喧騒だけでなく、明治神宮へと繋がる緑豊かなスポットでもあります。代々木公園では、手工芸品マーケットやクラフトワークショップなどが開催されるなど、おしゃれなインテリア雑貨屋やカルチャー体験事業者も多くあるこのエリアでは、「陶芸体験・陶芸教室」をはじめ、「キャンドル作り」や「苔テラリウム体験」、「ポーセラーツ教室」など、小さなお子様と一緒に楽しめる「もの作り」体験が人気です。

<「新宿・代々木」のおすすめ事業者>
・EPARKスクール( https://activityjapan.com/publish/plan_list/3604
都内を中心に、様々なもの作り体験、習い事・教室を紹介している人気スクールです。
陶芸体験・陶芸教室の他、フラワーアレンジメントやインテリア・雑貨作りといった定番から、化粧品や洋服作り、手作りバッグ教室、調香・アロマ体験など変り種の教室まで、口コミ・評判が充実の厳選されたショップの中から、自分にぴったりの教室を見つけることができるはず。

●第8位:山梨県 河口湖・西湖・富士吉田・精進湖・本栖湖
山梨県 河口湖・西湖・富士吉田・精進湖・本栖湖 プラン一覧
https://activityjapan.com/search/koushinetsu/yamanashi/138/
河口湖は、富士五湖の中で最も北に位置し、富士箱根伊豆国立公園に指定されると共に、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産にも登録されています。富士五湖のうち、もっとも早く観光開発された湖であり、平成になってから温泉が掘削されたことにより有数の温泉地としても人気です。山・森・湖といった富士山麓の豊かな自然資源を活用したアウトドアアクティビティが盛んなスポットであり、夏休みには多くのご家族連れが見られます。

<「河口湖・西湖・富士吉田・精進湖・本栖湖」のおすすめ事業者>
・THE HIGHEST PEAK( https://activityjapan.com/publish/plan_list/3266
知識・経験が豊富で、お客様からの評価も高いプロガイドが究極のツアーを実施。地元の山を知り尽くしたスタッフが、国立公園に属し特別保護地区でもある青木ヶ原樹海と神秘な溶岩洞窟にご案内します。6歳から参加できる「ケイビング(洞窟体験)」は、アドベンチャー型のツアーとして、自然を学び、触れ合えるお子様にもオススメのプランです。

●第10位:京都府 祇園・東山・北白川周辺
京都県 祇園・東山・北白川周辺 プラン一覧
https://activityjapan.com/search/kansai/kyoto/371/
アメリカの有力旅行雑誌「トラベル・アンド・レジャー誌」の読者アンケートでも7年連続ベスト10入りするなど、国内のみならず海外における京都の魅力に関する認知度の高まり、毎年、訪日旅行者数、観光消費額共に前年を更新している一大観光都市である『古都 京都』では、その古き伝統文化を見て、触れるアクティビティが人気です。何度訪れても新しい魅力を発見でき、その独特の雰囲気の中で精神を落ち着け伝統と向き合う時間をお楽しみください。

<「祇園・東山・北白川周辺」のおすすめ事業者>
・株式会社甘春堂本舗( https://activityjapan.com/publish/plan_list/3266
和菓子は、四季との結びつきが強いことも特徴で、味だけでなく視覚的な美しさも重視されています。京都の老舗店で実施されている「和菓子作り体験」プランでは、職人指導の元で本格的な京菓子4種(生砂糖、ういろう、練り切り、きんとん)を作り、食を通じて和の伝統と昔ながらの技を学ぶことができます。体験後の試食もお楽しみに。

参加することで「学び」や「気づき」を得られ、子供たちが自ら考え、行動する力を養えることから、「知育」の観点でも有効であるのがアクティビティ体験の魅力のひとつです。最近では、修学旅行や課外活動、学校行事やイベントの行程内に、自然体験、田舎体験や民泊、もの作り体験が盛り込まれるケースも増えており、地域振興の取り組みの一環としても、小学生、中学生、高校生を対象とした「体験」が注目されています。映画やコンサート劇場、プールや海へ出かけたり、キャンプをしたりと、定番の過ごし方はもちろんですが、夏休み期間中も「自然を遊ぶ」「人との触れ合い」「自分で作る」をテーマとし、まさに自らが『体感』するアクティビティ体験がランキング上位という結果となりました。
長い休みだからこその時間を使って、普段はできない貴重な体験をしたり、見ることが出来ないものを見たり、子供に唯一無二の経験させたい、というのが親心ですが、自分で探して何をするか考えたり電話で予約したりするのに、かなりの労力を要することも事実です。アクティビティジャパンでは、24時間いつでもどこでも手軽にオンライン予約ができると共に、アウトドアをする遊び場からインドアで仕事体験、カルチャー体験まで、様々なアクティビティ体験をご用意しております。夏休みの自由研究や工作のためのご参加、ご家族との、この夏最後の「思い出作り」に、是非ご利用ください。

■子供向けアクティビティ関連のおすすめ特集
・2019年 夏休みキッズスクール特集
https://activityjapan.com/feature/kids_activity_school/
・子供・子連れ(0歳・1歳・2歳~)で体験できるアクティビティ・レジャー・遊び特集
https://activityjapan.com/feature/2017_kidsplan/
・ハーバリウム体験教室・人気プラン特集
https://activityjapan.com/feature/herbarium_zenkoku/
・北海道 熱気球体験特集
https://activityjapan.com/feature/hokkaido_balloon_special/
・群馬みなかみ ラフティング特集
https://activityjapan.com/feature/gunma_minakami_rafting/
・那覇 シーサー作り体験特集
https://activityjapan.com/feature/2017_okinawa_naha_sisa/
・京都 和菓子作り体験特集
https://activityjapan.com/feature/kyoto_wagashi_making/
・2019年 夏最新版 沖縄人気アクティビティランキング
https://activityjapan.com/feature/2017_okinawa_special/
・2019年 夏最新版 山中湖人気アクティビティランキング
https://activityjapan.com/feature/2017_yamanakako/
・2019年 夏最新版 琵琶湖人気アクティビティランキング
https://activityjapan.com/feature/2017_biwako_special/

※アクティビティジャパン調べ 2019年7月1日~9月30日実施 予約数

【株式会社アクティビティジャパン】
本社 :東京都新宿区新宿1丁目34番5号VERDE VISTA 新宿御苑2階
代表者:代表取締役 小川 雄司
URL: https://activityjapan.co.jp/

【サービスサイト】
日本語: https://activityjapan.com/
英語 : https://en.activityjapan.com/
中国語(繁体字): https://zh-cht.activityjapan.com/
中国語(簡体字): https://zh-chs.activityjapan.com/
タイ語: https://th.activityjapan.com/
韓国語: https://ko.activityjapan.com/

【サイトコントローラーシステム】
Actim(アクティム): https://www.activityjapan.co.jp/actim/

【観光施設・企業様からのお問い合わせ先】
株式会社アクティビティジャパン パートナーお問い合わせ担当 TEL:03-4540-9962



配信元企業:株式会社アクティビティジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング