IKESPO金沢がDL件数1100万超アプリ「Zeetle CS」を導入! スタンプカード“レス”で印刷&郵送コストの削減と販促力強化に期待

DreamNews / 2019年9月20日 11時0分

写真

近接通信ソリューションのリーディングベンダー 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区、代表取締役:山川 進、以下 SST)は、株式会社IKESPO金沢(所在地:石川県野々市市、代表取締役社長:池田達也)が運営するIKESPO金沢店において、SSTの独自技術である音通信を活用したO2Oサービス「Zeetleカードサービス(以下、Zeetle CS)」が導入されたことを2019年9月20日に発表します。
株式会社IKESPO金沢は「Zeetle CS」採用の理由について「ポイントカードからスマホアプリに切り替え、且つこれまで以上にお得なサービスを提供することで、お客様の購買意欲を高めること。また、ポイントカードの制作コストに加え、これまでおこなっていた紙のダイレクトメールによる販促の印刷コスト、郵送コストを削減したい狙いもある。」と話します。なお、2019年8月22日よりサービス提供を開始しており、買い物客は買い物金額に応じて様々な特典が受けられます。

【サービス内容】
◇ 会計金額に連動したポイントの付与:お会計20円につき1ポイント付与し、1ポイントにつき1円で利用可能
◇ 毎月第2、第4土曜日はポイント2倍
◇ 毎週金曜日は割引クーポンが当たる抽選を実施

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000201915&id=bodyimage1

「Zeetle CS」とは、顧客がスマートフォンアプリ「Zeetle」をダウンロードし、お店のカードを取得するだけで様々な特典やサービスが受けられるスマホ専用のスタンプカードです。「Zeetle CS」のダウンロード数は1,100万超※の実績を持ち、飲食店、小売店、美容室、病院など様々な場所で導入されています(※2019年8月末)。
「Zeetle CS」は来店時にBluetoothの起動やQRコードの読み取りが不要で、顧客はスマートフォンを専用端末にタッチするだけのシンプルなオペレーション。店舗は利用者の来店回数や最終来店日を把握した上で、特定の条件の顧客だけにプッシュメッセージで特典を届けるなど、より柔軟で効果的なキャンペーン施策が可能になります。お店のカードは店頭でのピットタッチ端末へのタッチ、Zeetleアプリの地図、Zeetle導入店舗を掲載するポータルサイト「Zeetleショップクーポンコレクション」などから取得できます。
※【対象機種】 iOS 7.0以上を搭載したiPhone / iPad / iPod touch/ Android 2.3以上のスマートフォン

【株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーについて】
株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーは2012年12月に設立され、非接触ICリーダーライター関連事業(ピットタッチ関連事業)ならびにスマート・サウンド・タッチ(SSTouch)技術関連事業を展開しています。当社は、独自技術である「スマート・サウンド・タッチ」を利用する「Zeetle」関連サービス、モバイルフォンを利用した販促や勤怠管理等のビジネスソリューション向け非接触ICリーダーライターとそれに関連するソリューション「ピットタッチ・シリーズ」を開発、提供しています。   (*) 記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。



配信元企業:株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング