ベビーカーコンサート浦和 リフォーム会社ナックプランニングとNPOが戦略的パートナーシップにて地域貢献! 不登校児、障害児、貧困家庭児を優先招待にて楽しい街づくりに貢献

DreamNews / 2019年9月20日 15時0分

写真


プレスリリース「リフォーム会社「ナックプランニング」がNPOと戦略的パートナーシップ(2)
さいたま市浦和区で「不登校当事者」参加優先の絵画展とベビーカーコンサート開催」

株式会社ナックプランニング(本社:埼玉県戸田市、代表取締役社長:藤本祥、以下:ナックプランニング)が、NPO(特定非営利活動法人 共同生活推進協議会:さいたま市浦和区、代表:森嶋英樹)と、引きこもりや不登校当事者、障がい者や貧困家庭を優先的に無料招待する、「とめきち芸術祭(「絵画展」と「0歳から参加出来るクラッシックコンサート(以下:ベビーカーコンサート」)を開催します。
2019年10月3日
10時50分から11時30分
浦和コミュニティセンター(PARCO10階)
大人700円 子ども300円
障害児、不登校児無料

ナックプランニングは昨年11月より、リフォーム会社として同社の知名度向上・地域貢献による信頼獲得の活発な情報発信のため、さいたま市浦和区に「ウーマノミクス室」を開室し、地域の女性活動家の活動・交流拠点としても無償でご利用いただき、「子育て支援」・「女性活躍応援」関連のイベントを随時開催してきました。

同社はさらに、今回のNPOとの連携を通じ、今年9月23日(秋分の日)~10月3日(木曜日)まで「とめきち芸術祭」を共催予定し、「絵画展(会場:ギャラリー彩光舎)」と「ベビーカーコンサート@浦和(会場:浦和コミュニティセンター多目的ホール)」では、社会問題とも言える「不登校当事者」の作品発表やコンサートへの優先的無料招待(一般は大人700円・こども300円)・ボランティア参加などを、地元の県や市、地域のアートスクールや、支援団体とNPOの連携により計画し、すべての子供たちが地域と繋がるきっかけづくりとしています。

こうした共催イベントは、ボランティア募集などで多様な市民活動窓口を通じ、セカンドライフ層の地域デビュー応援など、主におおむね50歳以上の地域の皆様と新たな接点を持つことで、同社の存在感を高めることも目指しており、日本の人口の約3割が65歳以上となる超高齢化社会を迎える中でも、地元密着型のリフォーム会社としてより一層のご支持をいただきたく、地域発展に沿った活動を展開していきます。

NPOとの連携により、地域の「まちづくり」の推進にも貢献し、子育てからセカンドライフまで、生涯の「おうちのパートナー」として、建築業・リフォーム営業のみならず、今後も社会の変化に対応した新しい価値のご提案を通じて、さらに地域の皆様に愛される企業づくりをしてまいります。

●参考「とめきち芸術祭」URL
https://79tomekichi79urawa.wixsite.com/geijutsusai2019

連絡先
特定非営利活動法人共同生活推進協議会
株式会社ナックプランニング. 平井
048-434-7977
hirai@nackplanning.co.jp




【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202067&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000202067&id=bodyimage2



配信元企業:株式会社ナックプランニング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング